北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

美和ちゃんお帰り!! ドリカム9年ぶり 故郷でライブ【池田】

 「池田ワイン城50周年感謝祭×DREAMS COME TRUE35周年 ドリカムとドリカムの日」を締めくくるドリカムのミニライブが7日午後、池田町のワイン城横イベント広場で行われた。ボーカルの吉田美和さんの故郷でのライブはファンにとっても感慨ひとしおで、会場を埋めた8500人が名曲の数々を池田の景色とともに堪能した。ドリカムの町内ライブは9年ぶり。

9年ぶりの町内ライブでパワフルな歌声を響かせる吉田美和さん(ユニバーサルミュージック提供、藤井拓撮影)

 「マジで池田か、マジで池田か」「池田で(ファンのみんなに)会えているこの事実」。メンバーの中村正人さんに手を引かれた吉田さんはこうつぶやきながら感無量の表情でステージに姿を現し、大きな歓声に出迎えられた。

 1曲目「次のせ~の!で-ON THE GREEN HILL - DCT VERSION」を歌い終え、「町内ベイビーズ(ドリカムファンの呼称)の皆さん、8丁目、かずおの娘が帰ってまいりました」「町外ベイビーズ、ようこそ私のホームタウンへ」とさけび会場を沸かせた。

 吉田さんはこの日の選曲について「私の責任、編集です」と語り、池田の風景が浮かぶ曲をそろえたと紹介。「晴れたらいいね」や利別川の堤防を思い浮かべるという「たんぽぽの堤防」など全9曲を歌い上げた。

 同イベントにも参加した池田町出身の造形師村瀬継蔵さん(88)の初監督映画「カミノフデ~怪獣たちのいる島~」の主題歌でライブでは世界初公開となる「Kaiju」、「ドリカムの日」(7月7日)にぴったりの「7月7日、晴れ」も披露した。池田町の時報に使われている「ALMOST HOME」では歌いながら涙をぬぐい、会場から「美和ちゃ~ん」と声援が送られた。

 最後に登壇した安井美裕町長は「(ドリカムの町内ライブが実現し)夢ってかなうんだなと思いました」とドリカムの2人に感謝を伝えた。

 池田町の高橋真也さん(54)は「吉田さんの歌をじかに聴けて感動した。池田町民の誇りです」と語り、池田小5年の児童(10)は「5時のチャイムの歌が聴けて良かった」と笑顔を見せた。東京都の酒巻嘉美さん(50)は「美和さんの生まれ育った環境を味わえてうれしい。いっぱい空気を吸って帰りたい」と感激していた。

 イベントには2日間で延べ1万5000人が来場した。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス