北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

木製防災ベッド完成 白糠の札鶴ベニヤお披露目

札鶴ベニヤが新たに開発した「防災ベッド」

 【釧路町】白糠町の木材加工会社、札鶴ベニヤ(山本純也社長)が、段ボールベッドの弱点を改善した木製の「防災ベッド」を作製した。15日に釧路町内で開かれた釧路管内防災担当者情報交換会で初めてお披露目された。

 白糠町では段ボールベッド400床を備蓄しているが、避難生活が長期化した場合従来のベッドでは、プライバシーとセキュリティーの確保が難しく、使い捨てが前提でかさばるため、備蓄できる数が限られるのが課題とされていた。これらの解決にと町が同社に相談したのをきっかけに開発が始まり、約1年かけ完成した。

 同社の建材製造ノウハウを生かし、素材には湿気に強く反りにくい合板を使用し、湿度変化の激しい場所でも長期間保管可能。段ボールより高い強度を生かしフレーム構造とし、ベッド下に収納スペースを確保した。

 この日の情報交換会には管内全市町村の防災担当者20人が参加。会議のあと防災ベッドの展開、撤収のデモンストレーションが行われた。ベッドの設置時間は約5分で、段ボールベッドと同等。天板に敷くクッションシートを同梱し寝心地にも気を配ったほか、枕の周りに立てる目隠しのついたても付属し、これを固定するのにベッドを保管する箱を重しに使うことで、撤収、再利用の便も図った。

 実際に寝心地を確かめた釧路市の阿部謙一防災危機管理監は「いろいろな商品ができ、選択肢が増えるのは喜ばしい」と歓迎。山本社長は「強度と軽さのバランスを取るのに苦労した。今後は道産材を使った商品の設定も検討している」。白糠町地域防災課の菊原秀雄課長は「湿気に強いので使いたいときに使えないということがないのが強み。町での導入も検討したい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス