北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭発、水素社会へ一歩 水電解装置が稼働/フォーラムも複数【室蘭】

月末から環境省モデル事業

水族館横に設置されている水電解装置。月末から本格稼働する

 室蘭市内で行われている、既存インフラを活用した水素供給の低コスト化を目指す環境省のモデル構築実証事業が、今月末から本格化する。室蘭民報みんなの水族館(祝津町)横に設けている水電解装置が本格的に運用される計画で、今後祝津風力発電所で発電した電気で水素を製造するスケジュール。本格稼働を前に、今月下旬に事業者や市民向けのフォーラムを複数開催し、クリーンエネルギーを身近に感じてもらうことにしている。

 実証事業は室蘭ガス(室蘭市日の出町、末長守人代表取締役社長)を代表事業者としており、市と室蘭テクノセンター、室蘭工業大学、産学連携機構九州、大成建設、エア・ウォーター北海道、北弘電社が連携。2022~25年度の期間、地域の脱炭素化に向けて、既存のガス配送網を活用したコスト削減や副生酸素の有効活用などを進めている。

 今月末から水電解装置が本格稼働することに合わせて、エネルギーの有効活用を考える「むろらん水素エネルギーフォーラム」が相次いで行われる。実証事業に取り組んでいる各社・団体の主催。

 24日午後1時から、輪西町のわにホール市民会館で開催する。2部構成。1部は実証事業の紹介が行われるほか、本格稼働をテープカットで祝う。2部は講演会。環境省地球温暖化対策事業室長の塚田源一郎氏が基調講演する。室蘭工業大学希土類材料研究センター副センター長の亀川厚則氏と日本製鋼所M&E室蘭製作所ES機器部機器グループグループマネジャーの荒島裕信氏、エア・ウォーター執行役員グリーンイノベーションユニット長の末長純也氏も講演する。

 25日午後1時からは、DENZAI環境科学館(本町)で開催する。水を電気分解して発電する仕組みを紹介する模型や水素吸蔵合金、水素タンクなどを展示する。水素を動力としたロケットの体験コーナーを用意する。先着100人に記念品をプレゼントする。屋外では、水素で走行する燃料電池自動車(FCV)などを展示する。

 現地見学ツアーは午後2時から。道の駅カナスチールみたら室蘭(祝津町)など実証事業で水素を活用している4カ所を巡る。予約制。30人を超えた場合は抽選となる。

 問い合わせは市産業振興課、0143・25局2704番へ。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス