北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

観光庭園に春到来 今季営業スタート【幕別・清水】

本格的な春の到来を思わせる陽気となった20日、十勝地方の観光庭園が一斉に今季の営業を始めた。訪れた入園者たちは、咲き誇る花々や木々の芽吹きを楽しんでいた。

45品種の花が出迎え 15周年迎えた十勝ヒルズ

草花を見ながら園内を散策する家族連れ

 幕別町内の十勝ヒルズが20日、今季の営業を開始した。午前9時のオープンに先立って、2009年の開園から15周年を記念したセレモニーがあり、来場客らが節目を祝った。ガーデンでは45品種の春の花が来場客を出迎えた。

 15周年セレモニーには一般客ら50人以上が集まり、村本功士支配人が「今年もたくさんのガーデンイベントを用意している。いまは小さい背丈の春の花を楽しんでほしい」とあいさつ。ドリンクで乾杯し、15周年を祝った。「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」を使用した豚汁も振る舞った(21日も午前9時から200食を無料配布)。

 ガーデン内はコブシやクリスマスローズ、ムスカリなどの春の花が見頃を迎えている。今年から新たに子ども向けの巨大迷路も整備した。

 毎年同園を訪れている幕別町内の会社員男性(61)は「すてきな花が咲いていた。自宅でもガーデンをやっていて参考になった。きれいなところを歩けるところも魅力」と話していた。

日高山脈を背に散策 十勝千年の森 営業開始

日高山脈を背に、アースガーデン内で記念撮影をする来場者

 清水町の十勝千年の森でも、今季の営業が始まった。訪れた観光客は、日高山脈と一体となったガーデンの景色を眺めながら春の散策を楽しんでいた。

 十勝千年の森は、波打つ芝の丘が広がるアースガーデンや、十勝の自生種と園芸種の草花を季節ごとに楽しめるメドウガーデンなど五つのガーデンで構成される。今季は人気のセグウェイツアー(予約制)のほか、合掌造りの建物「ほおの木」を新たに公開、伝統的な建築美を感じながらくつろぎの時間を過ごせる。ガーデンカフェも再開し、園内の休憩所では日高山脈のパネル展示も行われている。

 岩見沢市から友人2人と訪れた及川きよ子さん(60)は「雄大な日高山脈や季節の草花を見るのが毎年の楽しみ」と話していた。

 開園時間は午前9時半から午後5時。入場料は大人1200円、小・中学生600円。問い合わせは同森(0156・63・3000)へ。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス