北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

シーズン中の無事故を祈願する荒木町長ら関係者

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会による安全祈願祭が行われシーズン中の無事故と無災害を願った。

 アポイ岳は国の特別天然記念物指定の高山植物群落があり、4月のこの時期、8合目から上はまだかなりの雪が残るが、町によると「今年は山頂まで雪のない状態」という。大型連休以降から本格的な登山シーズンを迎え、春から夏秋にかけヒダカソウやエゾコウゾリナほか、同岳のみで見られる固有種を含め貴重で多彩な高山植物が花開く。

 2015年(平成27年)秋に同岳を中心とした一帯がアポイ岳ユネスコ世界ジオパークとして認定を受けてから、登山者も1万人弱にまで増加したが、その後は自然災害などを背景に、登山客は2千人ほど減少し昨年は7千人弱の利用にとどまっている。

 山麓にはジオパークの拠点となるアポイ岳ジオパークビジターセンターがあり、周辺にキャンプ場やゴーカートなど家族がそろって楽しめるファミリーパークが広がっている。昨年は2588人がキャンプ場を利用した。

 安全祈願祭には荒木輝明町長、秋山寛幸教育長、様似町議会の八木田和浩議長、日高振興局の高田伸哉森林室長、浦河警察署の田村聡憲署長、様似町商工会の工藤仁会長、町観光協会の早坂拓三副会長、アポイ岳ファンクラブの田中正人会長ら25人が出席。ビジターセンター横の「幸せをもたらすアポイの鐘」の前で神事による祈願を行い、出席者が祭壇に玉ぐしをささげた。

 この後、荒木町長が「アポイ岳に生息する高山植物は、まぎれもなく国立公園化の目玉だと感じている。大切な宝を後世にしっかりと繋いでいきたい。国立公園化を機会に、たくさんの人に来ていただけることを願う」とあいさつし、シーズン中の無事故をお願いした。

 今年は例年よりも早く雪解けが進み、4月末―5月上旬の大型連休は登山者や家族連れでにぎわいそうだ。

 また周辺施設ではパークゴルフ場も13日からオープンした。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス