北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路市】

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス」として発行された。釧路の観光振興に尽力した種市佐改さん(1923~91)が84年に刊行した一冊を土台にして3人の筆者が資料をまとめ、思いを込めて360㌻に及ぶ著書として上梓させた。

 「三恩人」とは、日本国立公園の父といわれた田村剛博士、阿寒横断道路を造った阿寒国立公園の父とされる永山在兼氏、北海道観光の育ての親であり、阿寒国立公園の候補地巡りをした近藤直人氏の3氏。

復刻三恩人を編集した塩さん(左)と松橋さん

 この三恩人について調査研究を重ね、種市さんの著書にさらに資料を加えたのは、城山モシリヤ学調査会の佐藤宥紹さん(前釧路短大教授)と、弟子屈町で私設「秀和人文科学研究所」を立ち上げ、地域の歴史研究に取り組む松橋秀和さん、そして今回の著書のブックデザインを担当し、発行所となっているクスリ凸凹旅行者の塩博文さんの3人。阿寒国立公園の誕生に情熱を燃やした恩人たちの功績に光を当てる編集作業に打ち込んだ。

 同書では種市さんが書いた「阿寒国立物語」を復刻。栄光と苦難と復興の歴史をつづり、塩さんがその物語の``その後、、を執筆。佐藤さんも三恩人に比肩する〝プラスの人〟として阿寒の森を守った前田正名氏について執筆するなど、本書のページを開くたびに阿寒国立公園誕生の背景やその後の物語が見えてくる。

 松橋さんは「三恩人がそれぞれに自分の出世などを考えずに情熱を燃やし仕事を続けた。永山在兼が阿寒横断道路を考えなければ今のような観光地として発展する釧路などを考えることもできなかった」と指摘する。編集を担当した塩さんは「物語を知れば知るほど、歴史の流れを見れば見るほど人のつながりの面白さを知ることになる。この人とこの人が結び付いたことによって阿寒国立公園が誕生したことがよく分かる。ぜひ読んでほしい」と話す。

 同書は本体価格1500円。コーチャンフォー釧路店など、市内書店で取り扱っている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス