北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

発展のために全力で 日高信金入庫式 新入職員7人に辞令交付【浦河】

新入職員に歓迎のあいさつをする大沼理事長

 日高信用金庫(本店・浦河町)の令和6年度新入職員の入庫式が1日、浦河町大通2の同金庫コスモス館で行われ、大沼孝司理事長が新入職員7人に辞令を交付した。 

 新入職員は7人(男性3人、女性4人)で管内出身4人と管外出身3人(高卒2人、専門学校卒1人、大卒4人)。

 入庫式は、役員らが見守る中、大沼理事長が「当金庫は今年度創立103周年を迎えた。長い歴史を刻むことができたのは、『地域にとってなくてはならない信用金庫』を目指して、諸先輩方が地域社会の課題に対して真摯に向き合い、解決に取り組んできたことと、地域の皆様のご愛顧とご支援があったからこそ。素直な気持ち、謙虚な気持ちを忘れずに先輩に指導していただくとともに、これからの経験を糧に金融のプロとして成長していただきたい。私たちの原点の『地元』を好きになり、健康管理に留意し、一人ひとりの成長が金庫の成長発展への強い基盤となることを大いに期待している」と話し、①失敗を恐れず前向きにチャレンジ②社会人としてのルールを守り、業務上の守秘義務を厳正に守るように―と心構えをお願いするとともに歓迎のあいさつをした。

 新入職員を代表して大山主馬(かずま)さん(22)=札幌市出身=が辞令を受けたあと、先輩職員からの歓迎の言葉で円山真悟さん(24)=えりも支店=が「日々の成功や失敗の経験が成長の糧となり、自信へと繋がっていく。本日からは仕事、私生活を問わず、常に日高信用金庫の看板を背負っているということを忘れずに行動していただきたい。これから当庫の一員として共に励んでいきましょう」と呼び掛けた。

 このあと新入職員の玉木綾香さん(22)=札幌市出身=が「信金職員の誇りを持って、地域社会の繁栄と日高信用金庫の発展のために全力で取り組み続けていく」と誓約した。

 7人は研修を経て22日から各支店へ配属され、業務にあたる。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス