北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

晴れやか胆振教育実践表彰【洞爺湖・豊浦】

 2023年度胆振管内教育実践表彰(胆振教育局主催)に選ばれた洞爺湖町の読み聞かせグループと豊浦町の小学校に19日、同局の針ヶ谷一義局長から表彰状が贈られ、学校教育や社会教育で優れた実践活動をたたえた。

洞爺湖町・ピノキオ読み聞かせの会 40年以上も活動

表彰状を持つ「ピノキオ読み聞かせの会」の松本代表(中央)

 洞爺湖町で活動するピノキオ読み聞かせの会(松本秀男代表、6人)は、小学生を対象に月1回町内の三つの小学校で授業前に朝の読み聞かせと、あぶた読書の家で読み聞かせの会を行っているほか、年に1度洞爺地区の湖人祭りでも実施している。現在は60~80代会員で活動している。

 1980年ごろから活動をスタート、現在まで40年以上にわたる。中でもとうや小学校での活動が最も長い。活動では、子どもたちに語りかけるようにしながら、様子や顔つき、反応に気を付け、子どもが理解し、楽しんでいるかを確認し取り組んでいるという。

 松本代表は「読み聞かせの後、その本に興味を持ち、本を手に取り、続きを読んでくれた時に喜びを感じる」と振り返った。

大岸小「じもと発見プロジェクト」 郷土愛を育む

表彰状を手に喜ぶ豊浦町大岸小学校の児童と教職員

 【豊浦】豊浦町大岸小学校(南正彦校長、12人)は、年間を通した独自企画、児童の郷土愛を育む「大岸じもと発見プロジェクト」の取り組みとしての一連の学習が評価された。

 コロナ禍で地域とのつながりが薄れていたことから、地域に目を向け、学習していくことを目的に企画した。町のいちご分校で収穫から箱詰め、さらにジャム作りを体験したのをはじめ、一日防災学習やサケの生態などの学習、地元の建設業者を訪れ道路の除雪と安全に従事する様子を学んだ。

 この取り組みは、日本教育公務員弘済会北海道支部の教育研究論文でも「準特選」に輝いた。

 南校長は「子どもたちと先生方の取り組みが評価されてうれしい。すべては学習を支えてくれた町の人たちのおかげ。とても感謝しています」と述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス