北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五稜郭病院、道南初のIBDセンター開設 炎症性腸疾患の患者に対応【函館】

IBDセンターで治療に当たる(左から)平山大輔医師、小林センター長、古川副センター長

 函館五稜郭病院(中田智明院長)は、炎症性腸疾患(IBD)の患者に対応するため、消化器内科にIBDセンターを開設した。患者の増加が背景にあり、専門のチームが潰瘍性大腸炎とクローン病の治療に当たる。専門のセンター開設は道南の医療機関で初めて。小林寿久センター長(58)は「地域のクリニックなどとも連携し、炎症性腸疾患に苦しむ人の力になりたい」と話している。

 潰瘍性大腸炎やクローン病を総称して炎症性腸疾患と呼ばれる。患者は国内で合わせて約30万人いるといわれ、特に若年層の患者が増加傾向という。原因不明で根治は難しく、国の指定難病にもなっている。

 道南圏でも患者数が増加。治療経験が豊富な古川滋医師(54)らが昨年、同病院に加わり、環境が整ったことで今年1月にセンターを開設した。

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症ができ、下痢や腹痛などの症状が出ることから、頻繁にトイレに行かなければならない。副センター長を務める古川医師は「若い人の場合、学校や仕事にも影響を及ぼしてしまう。社会的支援や理解が必要な病気」と強調する。

 センターでの治療は投薬が中心。医師のほか、看護師や薬剤師、栄養士ら医療スタッフが協力して治療に当たる。地域のクリニックからの紹介がメインで、毎週水曜日に診察する。小林センター長は「治療に力を入れるのはもちろん、病気についての周知活動にも努めたい」と語る。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス