北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

道南石油を子会社化 石油事業大手の三和エナジー【函館】

株式譲渡の成約式で握手を交わす道南石油の河波社長(左)と三和エナジーの高松社長

 石油事業大手・宇佐美グループの三和エナジー(横浜市、高松克行社長)は26日付で、函館市大町の石油販売業、道南石油(河波巌社長)の全株式を取得し、同社は宇佐美配送事業グループに加わった。同日、市内で株式譲渡の成約式が開かれ、両社長が証明書を交わした。

 道南石油は1960年創業。燃料配送や海上での船舶への給油のほか、函館、北斗の4カ所でガソリンスタンドを運営。2023年3月時点の売上高は30億円で従業員は54人。

 一方、三和エナジーは軽油、灯油、バイオ燃料をはじめとした燃料配送事業、大規模災害時のエネルギーサポート事業などを手掛け、グループ会社と連携し、全国で事業展開。道南石油では、数年前から会社の事業承継の課題を抱えており「これまでやってきた事業をつないでいきたい」(河波社長)との思いから動き出し、日本M&Aセンター(東京)などを通じてマッチングに至った。 

 株式譲渡に伴い、同日付で高松社長(55)が道南石油代表取締役社長に就任。河波社長(77)は退任し、顧問に就いた。同グループ会社は道南石油で全国10社目となった。

 成約式で河波氏は「成約を迎えられ、非常に幸せ。今後もフォローできるような体制をとっていきたい」と感謝。

 今後の経営では「道南石油」の屋号は残し、既存の事業も継続する。高松社長は「陸のみならず、海上での給油事業は魅力でシナジー効果、爆発力につながる」と期待を込め「(子会社を通じて)船舶ビジネスの知識を学び、船舶のバイオ燃料化にも取り掛かりたい」と意気込みを語った。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス