北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25の両日には、ヒロイン役の山木雪羽那さんらの舞台あいさつも行われ、多くの来場者が詰め掛けた。

セーラー服姿で舞台あいさつする山木さん(左から2人目)やなすびさん(同3人目)ら出演者と藤監督(同1人目)。右の3人はエキストラ出演した鹿追の中高生

ヒロイン山木さん、なすびさんあいさつ

29日まで連日関係者ら登壇

 同館では、公開初日の23日の初回上映は、収容人数が最多となる「シアター1」(236席)で、2回目以降は通常サイズの「シアター2」(96席)で同映画を上映している。初日は主演の中原丈雄さん、24、25日は山木さんらが舞台あいさつを行ったこともあり、公開3日間で来場者が700人を超える人気ぶり。柏浦亜紀恵統括マネジャーは「地元発信の映画では珍しい」と驚く。29日まで映画関係者らの舞台あいさつを予定している。

 公開3日目の舞台あいさつには、藤監督と山木さんのほか、教師役で出演したなすびさん、生徒役でエキストラ出演した地元の中高生3人が登壇。映画初出演となった山木さんは、踊る場面で偶然虹が懸かったエピソードを披露。「改めて見て、コタンや夫婦山など全部の風景がきれいに映っており、本当に鹿追はいいところだと思った。私にとって初めての作品で思い出になった。皆さんの心にも残ったらうれしい」と話した。

 日本テレビ系の番組「進ぬ!電波少年」で人気となったなすびさんは、「服を着ているのを見たのは初めてという人もいるのでは」と笑いを誘った。撮影を振り返り、「地元の人情味あふれるサポートがあり成立したと思う」と感謝した。

 上映後はサイン会も行われた。なすびさんと山木さんのサインをもらった野沢茂さん(70)=芽室町=は「いい映画で泣けた」と感激した様子。鹿追町から娘と来場した後藤道子さん(71)も「すごい感動して涙がこみ上げてきた」と満足そうだった。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス