北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

GⅠ制覇祝い万歳 勝利の喜びに沸く杵臼牧場【浦河】

万歳で勝利を祝う杵臼牧場の関係者ら

 今年最初のGⅠレース第41回フェブラリーステークス(4歳上、ダート1600㍍)が18日、東京競馬場で16頭が出走し行われ、11番人気のペプチドナイル(藤岡佑介騎手)が直線の追い比べを制し1分35秒7のタイムでGⅠ優勝に輝いた。生産した浦河町杵臼の杵臼牧場ではレース後、関係者らが訪れ勝利の喜びに沸いた。

 同牧場は、2000年と01年の天皇賞(春)の連覇をはじめジャパンカップ、有馬記念などを制覇しGⅠ通算勝利数7勝を挙げた名馬「テイエムオペラオー」を輩出している。現在、鎌田信一社長、妻の満寿美さん、取締役を務める長男の正信さんと牧場スタッフ11人で、本場と4カ所にある分場で繁殖牝馬約40頭を繋養している。

 GⅠ勝利は、2001年のテイエムオペラオーで天皇賞・春を制して以来約23年ぶり。優勝後、自宅には松田有宏副町長や関係者、牧場スタッフが集まりGⅠ制覇を祝って笑顔で万歳した。

 レースは、好天に恵まれ馬場状態は良で行われ、ペプチドナイルは、4コーナーを4番手の好位置から先行馬を追走し、直線200㍍のあたりで先頭に立ちそのまま押し切ってゴール。中団から脚を伸ばした5番人気ガイアフォースに1馬身4分の1の差をつけて見事に優勝した。3着には、浦河町野深のバンブー牧場生産の13番人気のセキフウがクビ差で入り、3連単は153万500円という高額馬券となった。

 GⅠ優勝に鎌田社長は「レースでは強い競馬をしてくれたが、まさか勝てるとは思わなかったのでとても驚いている。とにかく、うれしい。体のバランスのとれた馬なので、6歳という馬齢もあるがこれからもけがなく無事に走ってほしい」と声を弾ませた。

 祝福に訪れた松田副町長は「今年初のGⅠレースを浦河の馬が制し、幸先の良いスタートとなった。この勢いで弾みをつけて、町内生産馬が活躍してくれる1年になれば」と期待した。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス