北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

児童生徒、雪像作り着々 「大沼雪と氷の祭典」10日開幕【七飯】

 

本番に向け、雪像づくりに取り組む大沼岳陽学校の児童(8日)

【七飯】大沼地区の冬の恒例イベント「第58回大沼函館雪と氷の祭典」(実行委主催)が10~12の3日間、大沼公園広場(大沼町)を本会場に開かれる。同広場では本番を前に雪像作りがピークを迎え、当日に向けて着々と準備が進められている。

 例年以上の集客を図ろうと10~12日の3連休に合わせ、今回初めて3日間開催。本会場の大沼公園広場では毎年人気を集める全長24メートルのジャンボ滑り台のほか、約20体の雪像がお目見えする。

 7、8の両日は大沼岳陽学校(大橋宏朗校長)の児童生徒が広場を訪れ、雪像づくりに取り組んだ。今年は学年縦割りのグループに分かれ、キャラクターなどを模した16体を製作。8日は3~8年生約100人が表面を削ったり、シャーベット状の雪をつけて形を整えたりして、グループごとに協力し思い思いのデザインに仕上げた。生徒会長の宮本健次郎さん(13、8年)は「丸い形に削ったり、細かい部分を掘ったりするのはこつがいる。雪像でイベントを盛り上げ、来場者にも見て楽しんでもらいたい」とPRする。

 このほか、屋内で暖を取りながら楽しめるイベントとして大沼婦人会館ではグルメや雑貨などを販売する「大沼ルシェ」、大沼国際交流プラザでは七飯大沼国際観光コンベンション協会によるフォトコンテストの作品展を同時開催する。時間はいずれも午前10時~午後4時。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス