北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

高堂建設「女性活躍」認定 十勝初、雇用や保育支援評価 厚労省「えるぼし」【帯広】

 高堂建設(帯広市、高堂匠美社長)は、女性の活躍推進への取り組みが優良な企業を示す「えるぼし」に認定された。十勝管内の企業の認定は初めて。道内ではこれまで札幌市の金融機関や医療法人を中心に認定されており、同社で30社目となる。

「えるぼし」に認定された高堂建設の高堂社長(左から2人目)と女性社員。工事現場や現場サポート、事務など多くの場面で女性の活躍が進む

 「えるぼし」は女性の活躍を推進するため、2016年に厚生労働省が始めた認証制度。

 同社は近年、女性の技術職員を積極的に雇用。多くの現場への男女別トイレの導入、未就学児の保育料の半額を会社負担、「2024年問題」を見据えた週休2日制などで労働環境を整備してきた。

 (1)採用時の競争倍率が男女で同程度であること(2)女性労働者の平均継続勤務年数が男性労働者の7割以上であること(3)時間外労働・休日労働の時間が45時間未満であること(4)管理職に占める女性の比率が産業の平均を上回ること(5)非正社員から正社員への転換など多様なキャリアコースを確保すること-の5項目のうち(2)以外の4項目を満たし、全3段階のうち「2段階目」として認定された。

 女性管理職の天野香総務課長(51)は「会社が保育料の補助や、保育園との提携で入園枠を確保したことで、育休後の職場復帰がしやすくなっている」と話す。高堂社長は「休日の確保や残業時間の減少、育児へのサポートなど、女性が働きやすい職場は男性社員にとっても働きやすい。今後もより働きやすい労働環境を整えたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス