北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

カスべで新商品開発 M Dinoと吉村燻製工房  むかわ

むかわ地域商社「M Dino」(エムディノ=遠藤研二代表)と同町汐見の水産加工会社「吉村燻製工房」(吉村正代表)は、地元前浜のカスべを使った珍味「カスべえ」を開発した。風味がよく、皮や軟骨もそのまま食べられるのが特徴で、「新食感のおつまみ」として売り出していく考えだ。

新食感のおつまみとして楽しめる新商品「カスべえ」

 同商社が地元事業者とのコラボで商品化するのは初めて。同工房の主力商品でもある鮭とばの技術を応用。サプリメントが人気を集める中、「自然のものを体に取り入れて」とコラーゲンたっぷりの軟骨をそのまま食べられるようにした。塩分も控えめで、かむほどに口の中に味が広がる。

 価格は1袋(40グラム)550円。11月に安平町で行われたイベントで先行販売し、2日間で100袋ほどが売れた。現在は、むかわ町の道の駅「四季の館」と苫小牧市の道の駅ウトナイ湖で取り扱っているほか、今月中旬には町内鵡川地区2店舗と金山(上川管内南富良野町)、野幌(江別市)の両パーキングエリア上下線のセイコーマートの計6店舗でも売り出す。

 同工房の吉村代表は「カスべの皮や軟骨がそのまま入っており、新しい食感を楽しんでほしい。いぶしているのでそのまま食べてもおいしいし、あぶると柔らかくなって食感がまた変わる」とアピール。同商社も「カスべの持つうま味と燻製の風味は他にはないおいしさ。おやつやお酒のおつまみに、ぜひ食べてみて」と呼び掛けている。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス