北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

災害のない登別へ 工学院生がサイト制作、24年3月の完成目指す【登別】

登別の防災について意見を交わす参加者たち

避難所や被災情報、地図上に表示

 地理情報やオープンデータ、避難訓練における住民の避難行動などを参考に既存の避難計画を検証し、望ましい避難計画を再構築することを目指す「登別防災ラボ」が、登別市札内町の日本工学院北海道専門学校で開かれた。市の防災担当者や北海道大学の研究者が9月に実施した全市総合避難訓練の行動調査をフィードバックし、同校の学生たちがこれからの市の防災システムについて提案した。

 同ラボは北大公共政策大学院の加藤知愛学術研究員らが発起人となり、市や工学院、のぼりべつ女性防災ネットワークが参加。地震に伴う津波や建物倒壊による減災を主なテーマに2021年から今回を含めて7回開催している。

 この日は約30人が参加し、工学院情報処理科の学生で構成する防災チームは「登別防災ポータルサイトの構築」について提案。スマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)を活用し、災害発生時に現在地から一番近い避難所や各地の被災情報が地図上に表示されるサイトを制作していることを発表した。

 2年の瀬戸開登さん(19)は「いろんなニーズがあることが分かったので、次の避難訓練で使えるようにしたい。来年3月までに基本的な部分を完成させて、後輩に引き継げるようになれば」と話した。

 加藤学術研究員は「今後もポータルサイトでやりたいことが出てくると思う。アイデアを蓄積し、サイトを登別の皆さんに使ってもらうことで、災害のないまち、減災がかなうまちにしてもらえれば」と期待を込めて講評した。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス