北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤丸 思い出と期待胸に 備品配布 17分で定員550人【帯広】

店内でリサイクル品を手にする来場者

 1月末に閉店した藤丸で26日、店内に残る備品などを持ち帰れるイベント「藤丸無料リサイクルDAY」が催された。予定以上の人が詰め掛け、整理券をもらえた市民らは閉店から約10カ月ぶりとなる店内をじっくり回りながら、思い思いの品を手に入れた。

 藤丸は道内唯一の地場資本百貨店だったが、コロナ禍での売り上げ減などを理由に閉店。昨年末発足した藤丸株式会社(帯広、村松一樹社長)が来年度にも耐震改修工事を計画、2年後の再オープンを目指している。テナントや直営部分で使用していた備品などを市民に有効活用してもらおうと企画した。

 この日は入場整理券を求めて深夜から並んだ人もおり、定員550人分の配布は午前9時の開始から17分で終了。午前10時の第1陣開始に合わせ、藤丸の法被姿の村松社長が「まちなかの灯を消さない、廃虚にしない一念で動いている。(備品は)思い出の品として大事にしてほしい」とあいさつした。

 1回の入場を50人に制限し、「30分間、一度で持ち帰れる分」との条件があったため、藤丸のロゴ入り買い物かごや、飲食テナントなどで使っていた食器、棚などを吟味。大きな袋を持参し、夫と来場した帯広市の大平康子さん(59)は「藤丸さんは昔から利用していた。思い出になる」と笑顔だった。

 落書きコーナーも設けられ、「ありがとう」などとメッセージが寄せられていた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス