北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

木村さん函館市長賞 日本中国料理協会函館支部青年部料理コンクール【函館】

函館市長賞に輝いた木村さん

 日本中国料理協会函館支部(木村史能支部長)は22日、函館短大付設調理製菓専門学校で、地元食材を使った青年部料理コンクールを開いた。中華の若手料理人6人が函館産マコンブと長万部産ホタテをテーマに創作料理を作り、審査の結果、1位(函館市長賞)に木村滉太さん(23)=函館国際ホテル=の「ホタテとコンブを使った彩り鮮やかな3種盛り合わせ」が輝いた。

 本来は、300人以上の市民に料理を作って提供する「郷土料理発表会」の中で若手会員の料理コンクールを行っていたが、新型コロナウイルスの影響でおととしから若手コンクールのみ開催している。海藻活用研究会(安井肇会長)が協力し函館産マコンブ600グラム、渡島総合振興局が長万部産ブランドホタテ「湾宝」4キロを提供した。

 若手コンクールは技術、知識の向上と食文化の発展を目的としており、今回は中華の料理人で全員が30歳以下。審査員は市食産業振興課の田中麻衣子課長、安井会長、振興局水産課の榊原滋漁政係長、調理製菓専門学校の山本仁志校長ら5人が務めた。開会式で木村支部長が「普段の仕事では、各自の工夫がなかなか出せない。お客に喜ばれる料理を作るとともに、知識と技術を身に付けてほしい」、榊原係長が「ホタテは中国の禁輸で今後生産がどうなるか心配している。食材に使い、料理をきっかけにして道内の消費拡大につなげたい」と話した。

 審査員は料理を試食しながら味、色彩、商品価値、盛り付け、アイデアで点数をつけ評価した。

 2位の日本中国料理協会函館支部長賞には、中畑晴斗さん(22)=函館国際ホテル=の「ホタテ、コンブの彩り豊かな三種盛り合わせ」、3位の海藻活用研究会長賞には樋熊崚平さん(22)=同=の「コンブとホタテの二種盛り合わせ」が選ばれた。受賞者には表彰状と記念の盾を贈った。

 総評で、山本校長は「意識が年々高くなり、審査も苦労する力作がそろった。日々の努力、研さんが料理に現れた。食を通じ社会に貢献する人材になってほしい」と励ました。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス