北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

児童・生徒が一般質問 えりも町政への関心と議会の役割を知る 子ども議会に10人参加【えりも】

子ども議会で町理事者へ活発に質問した児童・生徒ら

【えりも】子ども達に、町政への関心と議会の役割を知ってもらう「第13回子ども議会」(町議会主催)が20日、議場で開かれ、各校を代表し10人が各1件の一般質問を町議会のルールに従って町長と教育長へ行った。

 議場には、石川照彦議長ら全町議と泉紳一副町長(大西町長は公務で欠席)、川上松美教育長と全管理職が出席。傍聴席には、各校校長や引率教員、保護者ら10人が参観した。

 開会に際し石川議長は「議場は、町の発展、町民の安心・安全などの向上について話し合って決める場所。普段考えている自分の意見を述べて、何ができるか、何が出来ないかを把握してほしい。答弁に疑問があれば再質問もできます」とあいさつ。

 泉副町長は「各校から選ばれた10人の皆さんは自分の意見として、先生や保護者の皆さんは子どもの視点を参考にしてほしい。実現が可能は問題には誠心誠意取り組む」と述べた。

 質問のトップは笛舞小の高橋榎那さん(6年)が「遊具や遊び場の増設について」質問。泉副町長は「保育所や小公園を優先に整備しているが、来年度での実現に努める」と答弁。えりも小の田丸詩大君(同)は「ごみのポイ捨てについて」で、「ペットボトルの不法投棄は海の動物にも影響を与えている。広報紙にチラシを入れて多くの人に周知しては」と質問。泉副町長は「各地区自治会や団体でもごみ拾いを行っているが、高齢化で参加者が減少している。小学生のアイデアでも町民に呼び掛けたい」と答弁。

 えりも岬小の山形未羽さん(同)は「えりも岬の避難経路等の除雪」、庶野小の阿部月華さん(同)は「えりもの海を守るための取り組みとブルーカーボン」、えりも中の中野真翔君(2年)は「廃業・閉店した店舗」、村田乃望さん(同)は「街の街灯」、渡部陽菜さん(同)は「ごみのポイ捨て」、えりも高校の坂田大粋さん(2年)が「子育て支援」、三戸菜緒さん(同)は「えりも町のごみ処理」―についてそれぞれ質問した。

 最後のえりも高校3年の三浦ららさんの「えりも高校の環境整備について」では、「8月下旬には熱中症警戒アラートが発出され、体調を崩した場合の備えとして保健室にエアコンの設置が必要では」と質すと、川上教育長が「暑さ対策として窓の開放、中・高生の制服以外の着用(短パンなど)許可が必要。来年度4月からは全校の保健室とコンピューター室の冷房対策に着手し校舎の環境整備を図る」と答弁し、活発な子ども議会に終始した。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス