北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

道立学校 休業延長可能に 市町村に波及へ 来夏から【札幌】

 道教委は22日、今夏の記録的な猛暑を受け、道立学校の夏休みと冬休みを合わせた休日数の規定を「年間50日以内」から、「年間56日以内」とすると決定した。これまで夏・冬それぞれ「25日以内」としていた規定が削除され、延長は来年度の夏休みから適用される。道立高校などが対象だが、十勝管内の市町村教委の多くも夏休みの延長を検討しており、小中学校も見直しの動きが広がるとみられる。

道立学校の休日数規定の変更について記者会見する道教委の担当者

 道内では今年、暑さ対策を呼び掛ける「熱中症警戒アラート」が全域で発令されるなど記録的な暑さが続いた。十勝管内でも、下校時間の繰り上げや部活動の中止などの措置が取られ、熱中症の疑いによる救急搬送も相次いだ。こうした事態を踏まえ、道教委は9月から夏休みの延長に関する検討を開始。校長会など関係団体からの意見聴取を進めてきた。

 道教委は他県の休業日数を参考にした上で、年間休業日数を6日増加しても授業日数に影響は出ないと判断。夏休みと冬休みを「25日以内」と定める現在の規定を削除し、各高校の校長が年間56日以内の日数の範囲で設定できるようにした。管理規則は来年4月1日から施行される。

 また、道教委は同日、危機管理マニュアルを一部改訂。「熱中症警戒アラート」が発表された場合には、「臨時休業を検討する」との文言を新たに追加した。

 道教委の規定は、道内の市町村教委の規定の基準となっている。十勝毎日新聞社が今月上旬、19市町村教委に行った取材では、11市町村教委が夏休みの延長を「検討中」と回答。道教委の方針を受けて検討を進めるとの回答もあり、授業時間の確保や校内の冷房環境などの条件を踏まえて議論が行われる見通しだ。

帯広「動向見極め」

 帯広市教委は、市の学校管理規則で現在定めている夏・冬休み合わせて「50日以内」の範囲内で、延長を検討していた。道教委の決定を受けて、市教委は「人口が同規模の他都市や十勝の町村の動向を見極めながら判断したい」としている。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス