北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

いい部屋ネット・街の幸福度ランキング 安平町 北海道で3位

賃貸不動産大手の大東建託(本社東京)による居住満足度調査「いい部屋ネット・街の幸福度(自治体)ランキング2023」北海道版で、安平町が3位になり、初のランクインを果たした。住んでいる町民の評価が反映された結果で、偏差値70点台と高い数値。町の担当者は「主体的に評価し、幸せを感じている人がいることはとても励みになる」と喜んでいる。

街の幸福度ランキングで3位となった安平町=大東建託のサイトより

 同ランキングは、同社の賃貸未来研究所が19~23年の5年間でその自治体に居住する20歳以上の男女3万6016人を対象に得た回答を累積して集計したもの。「非常に不幸だと思う」の1点から「非常に幸福だと思う」の10点まで10段階で回答してもらい、回答者50人以上の自治体を対象に集計する。

 今年度は、上川管内東神楽町が100点満点の平均値(評点)71・7点、偏差値73・2点で3年連続の1位。2位は同管内東川町だった。

 安平町は町内に住む51人が回答し、今回初めてランキングの対象となった。評点は71・4点、偏差値も72・1点をマークし、上位2自治体と同様、70点を超える高い数値を記録した。

 町は、21年に日本ユニセフ協会が推進する「子どもにやさしいまちづくり事業(CFCI)」実践自治体となり、特色ある子育て・教育を柱にしてまちづくりに取り組む。新千歳空港から車で20分ほどという抜群のアクセスは移住先として注目を浴びている。今年4月には農業分野で道内初となる「オーガニックビレッジ宣言」を掲げ、環境に配慮した持続可能な農業を進めるなど、人にも自然にも優しい町を目指している。

 町政策推進課の木村誠課長補佐は「回答した51人が主体的に評価し、幸福と感じてもらえていることはありがたい。まちづくりを自分事として捉えてくれている町民がいることは励みになる」と喜び、「町への誇りや愛着、この町に住み続けたいという意識につながれば。単年の結果に一喜一憂せず、来年以降も引き続き、努力していく」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス