北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

人生変えた味「ホッチーノコーヒー」再訪 スケートW杯の英国選手【帯広】

 5年ぶりにスピードスケートのワールドカップ(W杯)が開かれている帯広市内に、海外選手たちでにぎわう店がある。電信通のカフェ「ホッチーノコーヒー」(東1南6)。開幕を翌日に控えた9日夕、5年ぶりにある選手が再訪した。同店との出会いで「人生が変わった」という英国人のコーネリアス・カーステン選手(29)だ。

「人生を変えた」という店に5年ぶりに訪れたカーステン選手(右)。左からブルーノさん、ほたるさん、スメディング選手

ドリップバッグに感動し自作 ネット販売反響、競技資金に

お供のミルが…
 「レースの前、最後のリラックスの瞬間として、コーヒーを飲む」と言うカーステン選手。これまでの遠征先にはミルやコーヒー豆を必ず持って行った。

 その荷物が必要なくなったのが5年前。前回帯広で開かれた2018年のW杯で来帯し、いつもの遠征のようにコーチとコーヒーショップを探した。見つけたのがブラジル出身のブルーノ・ダネジさん(34)と妻ほたるさん(34)が営むホッチーノコーヒー。カーステン選手は「店のとりこになり、毎日通った。中でもドリップバッグコーヒーには感銘を受けた」と振り返る。

上の三つはカーステン選手が18年に感動したドリップバッグコーヒー。下の五つはカーステン選手とスメディング選手が作ったドリップバッグコーヒー。五輪の色が割り振られ、出会ってきた選手の特徴などから名付けた

 欧州では個包装で持ち運べるドリップバッグを見たことがなかった。購入した物を何度も飲んだ。「リンクに行く前、ホテルの朝食で。どこにでも持ち歩け、お湯さえあれば飲める」。しかも、すごくおいしかった。

 練習拠点にしているオランダに戻り、すぐに恋人でもあるエリア・スメディング選手(25)に感動を共有した。「彼はとても興奮して私に見せてくれて、私もすごくクールだと思った。そして、ヨーロッパではこれと同じ品質のものが一つも見つからなかった」。販売している商品はあったが品質は及ばず、「自分たちで作ろう」と一念発起した。

30年ぶり五輪代表
 19年春から材料を調達し、さまざまな焙煎(ばいせん)、豆、フィルターなどを試した。完成まで9カ月ほどかかった。ブルーノさんにもSNSで助言をもらい、豆の量は通常より4グラムほど多い12.5グラムに増やし、コクが出るようにした。コーヒーブランド「BREW’22」を立ち上げ、個包装のドリップコーヒーなどをオンラインで販売。2人の取り組みはBBCでも紹介され、話題を呼んだ。

 英国ではショートトラックに比べて、2人が出るロングトラックは盛んではない。資金も十分とはいえず、22年の北京五輪に向けた資金はコーヒー販売で集めた。「BREW’22」は「オリンピックに絶対出場する」との野心を込めたブランド名だった。その結果、英国で30年ぶりのロングトラックの五輪選手になった。カーステン選手は男子1000メートルで9位にくい込む好成績を残した。

 帯広で5年ぶりに再会を果たしたカーステン選手らは顔をほころばせた。「5年間、私たちはずっと帯広の話をしていた。彼は日々をカウントダウンしていた」とスメディング選手。ブルーノさんとほたるさんも「オリンピックの時は2人にくぎ付けだった。この店がきっかけでコーヒーバッグを作り始めたというニュースは、お店を始めてから一番最高のものだった」と話す。

夢はメダルと店
 今大会でカーステン選手は3週間前にけがを負ったため出場せず、W杯第2戦で復帰を目指す。今後は「イギリスで盛り上がり始めているロングトラックの普及にさらに力を入れたい。コーヒーの力も借りて」と力を込める。

 今大会前から同店にはSNSの口コミを頼りにたくさんの外国人選手が集っている。「この1週間はてんてこまい」。ほたるさんは笑顔で選手と会話する。9日には、北京五輪の女子500メートルで金メダルを獲得したエリン・ジャクソン選手(31)=米国=も訪れ、「ここのコーヒーはアメージング」と笑顔を見せた。

ホッチーノコーヒーに集まった米国の選手ら。右端はエリン・ジャクソン選手。W杯期間中、店には多くの外国人選手が集う

 ブルーノさんとほたるさんとは「ホッチーノで『BREW’22』のポップアップや、クリスマスの前にはコラボでもしようか」と話し合う。スメディング選手は「まず、一番いい色のメダルを身につけること。そしていつか、コーヒーの小さな店を持ちたい」と話す。ドリップバッグの次は、欧州にもホッチーノのような人々が集う温かい店が生まれるかもしれない。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス