北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

返礼品「福袋」3倍に 人気受け数量増やす【士幌】

 「しほろ牛」など士幌町の特産品5品を冷凍して詰めた「福袋セット」が、昨年度に引き続き、町のふるさと納税の返礼品に登場している。人気を集めた昨年度を踏まえ、今回は数量を3倍以上に増やした。町地域おこし協力隊員で、町のふるさと納税担当の佐々木萌さんは「しほろ牛など特産品の返礼品を通じて、町の魅力を知ってもらえれば」と寄付を呼び掛けている。

福袋セットの返礼品をPRする「at LOCAL」の担当者

 商品を開発したのは町内の「at LOCAL(アット・ローカル)」(堀田悠希社長)。「福袋セット」は「まんぷく」と「よくばり」の2種類があり、昨年11月下旬にふるさと納税の返礼品に加わった。

 昨年度はまんぷく(寄付額2万円、20セット)は半月で、よくばり(同1万5000円、同)は約1カ月でそれぞれ完売する人気となった。このため、今年度は、まんぷくは40セット、よくばりは100セットに増やした。

 いずれも寄付金額は去年と変わらない。2種類の福袋には、共通で濃厚なチーズのおいしさが口の中に広がる「コーンチーズまん」(2個入り)や、衣のザクザクした食感が楽しめる「しほろ牛メンチカツ」(同)、赤身肉のうま味満点の「しほろ牛サーロインステーキ」(200グラム)が入っている。このほか、よくばりには「ギョウジャニンニクソーセージ」、まんぷくには肉質が軟らかい「しほろ牛フィレステーキ」(150グラム)が入る。

 同社は道の駅ピアしほろを運営しており、「福袋セット」は同道の駅の特産品として開発した。堀田社長は「商品を味わいながら、年末に家族団らんでゆっくりと過ごしてほしい」と話す。

 2種類の福袋セットは、12月15日まで返礼品として取り扱うが、なくなり次第終了。ふるさと納税に関する問い合わせは、町地域戦略課(01564・5・5212)へ。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス