北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

全国を制覇、国際大会へ ダブルダッチ小学生チーム「ABLAZE」【壮瞥】

結成1年、世界一目指す

チーム「ABLAZE」メンバー5人と川南代表

 壮瞥町のHKR JUMPROPE CLUB(川南光代表)に所属する小学生チーム「ABLAZE(アブレイズ)」が、全国規模の「ダブルダッチデライトジャパン」(10月22日、川崎市)に出場、NOVICE(13歳以下)部門で優勝した。道内勢で初。12月3日に米国ニューヨークで開催の国際大会への出場権も得た。メンバーや関係者らはチーム結成1年での全国制覇と国際大会出場の快挙に喜びながら、世界一を目標に練習に励んでいる。

 ダブルダッチは、2本のロープを用いて回し手と跳び手が、多種多様なテクニックを披露するスポーツ。大会は1チーム3~6人編成。競技時間は3分。13歳以下、18歳以下、学生部門の3クラスに分かれ、技術力、表現力、構成力、完成度、オリジナリティーの5点で競った。

 アブレイズのクラスは全国各地から45チームがエントリーし、予選を勝ち抜いた6チームで優勝を競った。その結果、曲と動きのマッチングやジャンパー、ステップの完成度の高さ、ボールをうまく使った動きなどが高く評価された。

 アブレイズは、2022年12月に伊達市の斉藤侑君(10)、橋本彪我君(9)と壮瞥町の上名結衣さん(12)、上名颯介君(10)、武田晃弥君(10)の小学生5人で結成された。主に週2回同クラブスクールに集まり、練習に取り組んできた。

 川南代表(35)は壮瞥町出身で、16~21年までの5年間、エンターテインメント集団シルクドゥソレイユで、ダブルダッチのパフォーマーとして活躍。21年10月に地元に戻り、壮瞥町洞爺湖温泉の元旅館食堂を練習場に改装してクラブを始めた。

 クラブでは「集中して技に取り組み、やり遂げる。本番は一発勝負」を心がけて連続10回成功するまで繰り返し、集中力を切らさない練習をしてきた。メンバー5人は「課題の技ができるようになるとうれしく、喜びを感じる」とし、武田君は「国際大会ではノーミスで優勝する」と目標を語った。

 川南代表は「世界一を狙いたい。日本代表として堂々とパフォーマンスをやってきたい」と意欲的に語った。

 また遠征費はチームのPRを兼ねた募金のチラシを作り、地元や札幌などで配布したり、近くSNSでも募金を呼びかける。

チーム「ABLAZE」の練習の様子

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス