北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サツマイモ 今年度から出荷 閑散期の設備有効活用【幕別】

 JA幕別町(前川厚司組合長)は今年度から、サツマイモの出荷を本格的に始める。寒さに弱いサツマイモの収穫後の保存処理や洗果、箱詰め作業には、夏季までに役割を終えたビニールハウスや発芽室を活用。11月以降管内のスーパーに並ぶ予定で、同JAの担当者は「保存処理の仕方は十勝管内でも珍しく、今年のサツマイモは型もいい。ぜひ注目してほしい」と話している。

サツマイモの箱詰め作業を行う特定技能実習生

 町内にはサツマイモの生産者が1軒あり、今年は約10トンの収穫があった。サツマイモは収穫後、高温高湿度下で保存する「キュアリング処理」をすることで、収穫時に傷ついた先端部分がかさぶた状に硬くなり、傷みにくくなる。

 同JAの育苗センターにはキャベツやレタスなどの種を発芽させる発芽室があるが、2~7月の期間を過ぎれば役割がなくなるため、キュアリング処理に活用できないかと考えた。キュアリング処理を終えたサツマイモは、発芽させた苗を育てる閑散期のビニールハウスを活用し、洗果と箱詰め作業を行っている。

 ビニールハウスでの作業はインドネシアからの特定技能実習生が担い、洗果機を使って洗った紅あずまや紅はるかなどのサツマイモの重さを量り、丁寧に箱詰めしている。以前は茨城県でサツマイモの洗果をしていたという実習生のニーニョーマン・スーケンドゥリさん(36)は「幕別町のサツマイモは形も良くて甘みも強い。みんなで仲良く働いています」と話していた。

 サツマイモの本格出荷に伴い、同JAのマスコットキャラクター「まーくん」が描かれた段ボールもデザインした。今後、道央圏の市場や大手スーパーなどに出荷される予定。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス