北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

長谷川さん出品ドサンコ「白流仙の四号」最高位賞【函館】

パネルの前で最高位賞を喜ぶ長谷川さん(右)と久保田さん

 第18回北海道総合畜産共進会(9月1~2日、十勝管内音更町)で、道南ドサンコ馬保存協会(久保田知行会長)の会員で、函館市石川町の長谷川繁さん(77)が出品した北海道和種馬(ドサンコ)「白流仙の四号」が最高位賞に輝いた。長谷川さんは「結果に満足せず、ドサンコを守るため、さらに良い馬を生産したい」と決意を新たにしている。

 共進会(実行委主催)は4年に1回開かれ、馬部門は一般馬、道和種馬、ポニーに分かれる。道和種馬は全道各地から優秀な8頭がエントリー。道南からは白流仙の四を含め2頭が出品した。審査基準は100点満点からの減点方式で、一般外貌や歩様、後ろ姿などを見る。長谷川さんによると、白流仙の四は側対歩がうまくでき、毛髪が豊富で、顎張りが良いという。長谷川さんは「賞を狙って出品したわけではなく、自分の生産した馬を評価してもらっただけ」と控えめに話す。

 白流仙の四の母の母、姉も最高位賞を取っており、今回で3頭目。久保田さん(76)は「とても名誉なことで、こういう馬を後世に保存していきたい」と話す。

 長谷川さんは、1986年に趣味でドサンコ雌1頭を飼い始め、現在ドサンコ16頭を飼育。七飯町軍川の放牧地を借り、ドサンコを周年放牧し、自然交配、自然分娩している。「良い馬ができるよう血統などを考慮し繁殖している」と長谷川さん。長谷川さんは道南発祥のドサンコについて、道内での飼育頭数の減少に危機感を抱き「北海道遺産であり、保存に力を入れて飼育する人が少なくなっている」と力を込める。

 白流仙の四の〝雄姿″は、北斗市総合文化センターかなでーるで10月2日まで開催中の「どうぶつパネル展」で見られる。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス