北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

乗り心地「とてもスムーズ」 あすから自動運転バス実証事業 苫小牧

20日から自動運転バスの実証事業を始める苫小牧市は19日、出発式とオープニングセレモニーを市役所で行った。東胆振1市4町の首長が新たな移動手段の誕生を歓迎し、早速試乗して「とてもスムーズ」などと手応え。20日から10月15日までの約1カ月間、JR苫小牧駅―海の駅ぷらっとみなと市場間(片道約3キロ)をバスが走行し、誰でも無料で乗ることができる。

自動運転バスに乗り込む首長たち=19日午前9時40分ごろ

 出発式は市役所1階ロビーで行い、東胆振定住自立圏協定を結ぶ1市4町の首長5人でテープカット。岩倉博文市長はあいさつで「路線バスの維持存続に向け、運転手不足や(運転手の残業時間に上限規制を導入する)2024年問題など課題がある。今回のチャレンジが課題解決の一助になってほしい」と訴えた。

 5人は引き続きバスに試乗し、市役所とぷらっとみなと市場の間を約35分間かけて往復。岩倉市長は「初めて乗ったが思った以上にスムーズで、時速20キロも気にならなかった。一人でも多くの市民に乗車してほしい」と呼び掛け、厚真町の宮坂尚市朗町長も「未来が近づいてきたと思う。地方こそ自動走行車両が必要。われわれも近い時期に実装を目指したい」と述べた。

 バスの実証運行は20日に開始し、当初計画を2日間短縮して10月15日まで。車内にオペレーター1人が乗車し、JR苫小牧駅―海の駅ぷらっとみなと市場間を時速20キロ程度で回る。乗客定員は10人。停留所は往路、復路各7カ所で、時刻表は市ホームページで公表している。運行時間は午前10時~午後4時だが、20日のみ準備作業により午後2時にスタートする。

 自動運転バス実証事業は、事業提案者のボードリー(東京)に委託。バスはカラフルにラッピングしており、横浜市の画家原游さんが「ウオーカブル(歩きやすい)なまち」をテーマに外観をデザインし、苫小牧東中学校美術部の生徒が内装を担当した。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス