北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日本を知って 外国人に茶道 高校生交流も【帯広】

お茶の飲み方の作法を真剣に学ぶ研修員や生徒

 国際ソロプチミスト帯広みどり(山本幸恵会長)は16日、帯広市内のとかちプラザで、地元高校生と国際協力機構(JICA)の研修員が茶会を通して日本の文化を学ぶ交流会を初めて開いた。アジアやアフリカなどからの研修員ら約70人が参加して、お茶をたてて茶菓子と一緒に味わった。

 コロナ禍前のパークゴルフや焼き肉交流に代わり、日本文化に触れてもらおうと帯広大谷高校茶道部の協力を得て実施した。帯広みどりの会員19人と研修員14人、同部の部員12人、一般の高校生らが、とかちプラザの茶室に集まった。

 会員らがお茶をたてる作法や、飲み方と菓子の食べ方の手本を見せた。研修員や生徒は食い入るように見つめ、自分の番になると、作法を思い出しながらお茶と菓子を味わった。

 茶道部員が研修員や生徒に指導してお茶をたてる体験も。3~4人のグループに分かれて部員が「Mの字を意識して、素早くたてて」などとアドバイス。研修員からは「手が痛い」などの声が上がった。体験の合間には交流の時間が設けられ、日本の漫画や故郷の食べ物、帯広の風土の話題、写真撮影で盛り上がった。

 2年生の茶道部部長(16)は「英語でのやりとりに心配していたが、ボディーランゲージや普段習っている英語がすっと出てきて思った以上に交流できた」と語り、幕別清陵高校3年の女子生徒(18)は研修員と将来の夢を語り合えたと振り返った。

 ベトナムから来たフエンさん(32)は「お茶は少し苦かったが体にいいものをもらった気分。お菓子が“アート”のように美しかった」と語った。山本会長は「日本のおもてなしの心を感じてもらえたようでうれしい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス