北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

市職員残業9%増加 年間合計17万3457時間、1人平均165時間【帯広】

 帯広市職員(一般職)の2022年度の時間外勤務は17万3457時間に達し、前年度に比べて1万4248時間(8.9%)増えた。1人当たりの年間平均は165時間(前年度比14時間増)。マイナンバーカードに関する業務の増大や各級選挙の執行などが主な要因で、ICTによる業務の効率化などを進めているが、時間外勤務は右肩上がりとなっている。

 21年度の時間外勤務は20年度比3256時間増だったが、22年度は大幅増となった。

 22年度の時間外勤務が年間1000時間を超えた職員は2人(前年度比5人減)で、最長は1385時間だった。年間を通して、月45時間超えは延べ766人(147人増)、月80時間超えは同105人(16人増)、月100時間超えは同72人(22人減)。国が過労死の労災認定の目安とする「過労死ライン」は時間外勤務が月100時間または2~6カ月平均が80時間となっている。

 時間外勤務手当も増え、22年度は4億517万円で、前年度より3291万円増加した。

 時間外勤務が特に多かった部署は、マイナンバーカードの申請受け付け・交付などを行う総務部。市民福祉部も新型コロナウイルスワクチン対応などがあり、前年度に比べると減少したが高水準にある。選挙は昨年度に市長選と参院選があったほか、今年4月の統一地方選の準備もあった。予算編成を行う政策推進部も恒常的に長時間労働となっている。

 市では業務の集中を避けるために部署ごとの繁閑を考慮して応援体制を取ったり、事務作業を自動化するシステム「RPA」を導入したりして業務の効率化に取り組んでいるが、市人事課は「国から下りてくる事業も多いほか、市民サービスの観点から業務のスクラップもなかなか進められていない」とする。

 市行財政改革計画では、24年度の月45時間超えの職員数を509人以下と目標を定めているが、達成は見通せていない。

関連記事

苫小牧民報

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

苫小牧民報

30日に30周年記念ライブ かんばやしまなぶさん 苫小牧

今年、音楽活動30周年を迎えた苫小牧市在住のシンガー・ソングライターかんばやしまなぶさん(48)は30日午後4時から、市文化会館で、記念ライブ「30th AnniversaryLIVE2024」を...

室蘭民報

室蘭市長受け入れ表明 西日本PCB、環境相に条件提示へ【室蘭】

 室蘭市の青山剛市長は21日、市議会議員協議会で環境省から要請されている西日本で排出されるポリ塩化ビフェニール(PCB)廃棄物が新たに見つかった場合の受け入れについて、「受け入れ条件を国が承諾す...

室蘭民報

小学生「勤務」ぜひ足運んで 室蘭RC、23日に旧アーケード街でイベント【..

 子どもの職業体験イベント「キッズあきない」(室蘭ロータリークラブ主催)があす23日、室蘭市中央町の浜町商店街(旧アーケード街)で開かれる。同クラブは「多くの方々に足を運んでほしい」と来場を呼び...

室蘭民報

7月13、14日開催「のぼりべつ夏祭り×ブランドまるしぇ」 TRIPLAN..

青嶺高、明日中等が独自メニュー販売  「のぼりべつ夏祭り×登別ブランドまるしぇ2024」(同実行委員会主催、のぼりべつ元鬼協議会、登別ブランド推進協議会、登別市共催)が7月13、14の両日、登別...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス