北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

117艇226人が最北の大河へ・第30回天塩川カヌーツーリング【美深】

天塩川いっぱいにカヌーが下った(小車大橋より)

 第30回北海道遺産天塩川カヌーツーリング大会「ダウン・ザ・テッシ‐オ‐ペッ2023」兼第20回北海道カヌーツーリング大会が、15、16の両日、美深町から中川町までの天塩川(漕行距離50キロ)で開かれた。道内外のカヌー愛好者たちが日本最北の大河に集まり、川面に広がる緑豊かな自然を眺めながら川下りを満喫した。

 NPO法人ダウン・ザ・テッシ(酒向勤理事長)が主催、北海道カヌー協会、北海道カナディアンカヌークラブなどと共催。国内最大級のカヌーツーリングイベントとして愛好者たちに親しまれている。コロナ禍で2020年、21年は中止。昨年は規模を縮小し、名寄市(名寄大橋)から美深町(びふかアイランドカヌーポート)までの1日日程で実施。今年は4年ぶりに1泊2日日程の通常規模で開催となった。

 選手88艇140人、スタッフ29艇86人、合わせて117艇226人が参集。地元をはじめ、名寄、旭川、札幌、帯広、函館など。道外では宮城、栃木、埼玉、東京、神奈川、山梨、遠くは大阪、兵庫から参加。艇種はカナディアン、カヤック、シーカヤック、ファルトなどに加え、立ち乗りのサップもあった。

 15日は、びふかアイランドカヌーポートで開会式・スタート式が行われ、吉川一茶実行委員長(ダウン・ザ・テッシ副理事長)が開会宣言し、イベントが幕開けした。選手、スタッフたちは準備体操を済ませた後、川岸へ向かい、カヌーに乗り込んで天塩川へ。草野孝治町長(ダウン・ザ・テッシ事務局長)の合図で一斉にスタートした。

 1日目は、びふかアイランドカヌーポートから音威子府村の川の駅「中の島」までの25キロ。途中、アラキの瀬、恩根内テッシ、恩根内大橋、小車大橋、楠岩盤地帯、豊清水の瀬、止若内橋、川の駅「天塩川温泉」などを通過した。キャンプ地の音威子府村中島公園では、歓迎アトラクションが開かれ、お楽しみ抽選会たテント交流で盛り上がった。

 2日目の16日は、川の駅「中の島」から中川町の佐久橋上流右岸までの25キロ。途中、音威子府大橋、物満内の瀬、筬島橋、北海道命名の地、チニタの瀬、カムイの瀬などを通過した。佐久橋上流で閉会式が行われ、完漕証の授与などが行われた。

 先日までの大雨の影響で水量は多く、水流も速めのコンディションだったが、選手たちはパドルを手に川を下りながら、川面いっぱいに広がる緑あふれる大自然を目に焼き付けつつ、日本最北の大河でカヌーツーリングを満喫していた。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス