北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

巨大化生物の世界を表現・チェーンソーアート大会「エゾカップ」【下川】

巨大化生物をチェーンソーで掘る出場者

 有志の実行委員会(木霊光実行委員長)主催の国内最高峰、道内唯一のチェーンソーアート大会として11回目を迎えた「EZOCUP」(エゾカップ)が、6日から4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場などで開かれた。前年同様、森に住む小さな生き物を巨大化させたチェーンソーアートを制作。前年の作品と組み合わせ、同公園に配置して「ダウンサイズの世界」を演出している。

 チェーンソーアートは、チェーンソーを使って丸太から彫刻作品を作り上げる芸術。来場者にもっとチェーンソーアートの世界を楽しんでもらおうと、昨年から同時開催のイベント「森ジャム」と連携を強めつつ、森をインスタレーション(展示空間を含めて作品とみなす手法)で表現していく形に変えた。

 昨年に引き続き、生き物を巨大化させた作品を配置することで、来場者の身体が小さくなった錯覚を起こす「ダウンサイズ」の世界を目指した。

 出場者は佐藤優則さん(宮城県)、栗田宏武さん(千葉県)、太田和徳さん(岐阜県)の3人。大きな丸太(長さ3・65メートル、直径0・5メートル程度)や板材を使い、チェーンソーのエンジン音を響かせながら複数の作品を彫り着色も施した。

 昨年の作品を修復しながら作り直すとともに、ひらめきを基にアイデアを出し合い、新たな作品を加えた。

 昨年の読書などを楽しむおとぎ話のような動物たちには、おとぎ話のような家が造られ、ドアも開閉可能。前年のカタツムリには荷車が付けられ、前年のフンコロガシなどがその後部を押している。前年のビールを飲むクワガタとカマキリには、たき火で焼いている骨付き肉を追加。トンボ、サナギなど前年になかった作品も次々と加えた。さまざまな作品が彫られ、見応えある世界を創り上げた。同公園フレペ広場に配置され、今後も見ることができる。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス