北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

オカモト3選手 五輪へ意欲【帯広】

 オカモトホールディングス(帯広市、岡本謙一社長)は25日、同社で所属アスリートの発表会を開いた。今年度に加入したスピードスケートの2022年北京五輪男子500メートル銅メダリストの森重航選手(22)=根室管内別海町出身=と競泳男子自由形の坂田怜央選手(27)=帯広市出身=、昨年度から所属するスピードスケート男子の久保向希選手(23)=幕別町出身=が次期五輪に向けた抱負を語った。

スケート五輪銅・森重選手、久保選手、競泳・坂田選手

ガッツポーズで意欲を示す(左から)坂田選手、森重選手、久保選手

 森重選手は今春、専修大を卒業し、帯広に移住。「北海道出身なので道内の企業に声を掛けてもらえてうれしい」と話す。26年ミラノ・コルティナ五輪が2季後に迫る中、「今季は挑戦の一年にしたい」とし、ショートトラックの練習を本格的に取り入れる予定。「長所のコーナーワークをさらに伸ばし、バックストレートでの最高速度を世界一にしたい」と意気込む。次期五輪に向け、「金メダルを取り、30年五輪につなげたい」と語った。

 久保選手は1学年下の森重選手について「高校時代から競い合っている。今は一歩置いていかれているが、次の五輪では肩を並べ、将来的に専門の1000メートルで世界記録を出したい」と意欲を新たに。「調子を落とした21年以降、復調している。今季は帯広開催のワールドカップで結果を出し、1000メートルは日本記録の1分6秒台が目標」。出場すれば初となる26年五輪は「出場を最低ラインにメダルを目指す。次の30年五輪で金メダルを取りたい」と力を込めた。

 坂田選手は五輪に縁がないまま22年3月に引退したが、今春に現役復帰。オカモト-が運営し、中学卒業まで通った帯広スイミングスクールで練習に打ち込む。昨年は東京から帯広に戻り、地元企業で働いていたものの「社会人を経験する中で『もっとやれた』と五輪への意欲が湧いてきた」という。

 「18年のアジア大会から代表歴は止まっているが、自由形100メートルでの五輪出場を目指し、死に物狂いで頑張りたい」と古巣での悲願達成を目指す。

 岡本社長は「3人とも国内外でトップクラスの実績を持つ選手。次の五輪で大活躍してもらい、子どもたちが大きな夢を持つよう全面的にバックアップしたい」と約束した。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス