北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

今後の除雪活動へ意見 地区連絡協22年度要望件数減【釧路】

3年ぶりに対面で開催された除雪連絡協議会

 釧路市内の除雪作業を円滑に行うことを目的に、行政と除雪事業者、市民が意見を交わす「釧路地区除雪連絡協議会」が25日から始まった。2022年度の降雪量は前年度を上回ったものの、市民からの要望件数は減少しており、いずれも例年の平均を下回った。

 市道路維持事業所によると、22年度の降雪量は101㌢と前年度から10㌢増加したが、平均降雪量の110㌢を下回った。市の除雪出動基準は、幹線道路や歩道が10㌢、生活道路が15㌢となっており、22年度の除雪回数は幹線道路5回、生活道路4回、歩道6回だった。

 市民からの要望件数は1860件と、前年度から388件減少。地区別では東部西地区が561件と最も多く、続いて東部東地区が412件と2地区で約半数を占めた。また、要望内容は「間口開け・雪山除去」が642件と約3割を占め、次いで「未除雪・除雪が下手」が286件、「出動確認」が265件と続いた。

 初日の協議会は、中部地区を対象にコアかがやきで開かれ、市職員や除雪事業者、対象地域の連合町内会の代表者らが出席。開会に当たり、高橋一浩都市整備部長が「今後の除雪に役立てるためにも、皆さんから忌(き)憚(たん)のない意見を頂きたい」と呼び掛けた。

 出席者からは「子供の安全のためにも、横断歩道の除雪をしっかりやるべき」「除雪の際、駐車場の出入り口がふさがれてしまうのをなんとかしてほしい」などの声が上がり、市は「頂いたご意見は、今年度の冬に状況を確認させていただきたい」と述べた。今後は26日に東部地区、27日に西部地区で開かれる。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス