北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

アイヌ民族の魂伝える 三浦綾子読書講演会【釧路】

 三浦綾子読書講演会の第27回「三浦綾子と知里幸恵」が25日、鳥取キリスト教会(釧路市鳥取大通6)で開かれた。アイヌ民族として生きた知里幸恵と、同じ女学校の19年後輩である三浦綾子は、共に旭川市で生きたクリスチャン。そんな2人の生涯を、三浦綾子文学館特別研究員の森下辰衛氏がひもといた。

 主催は日本メノナイト鳥取キリスト教会。講師の森下氏は、知里幸恵と三浦綾子の人生を年表にし資料として提供。この中で三浦が書いた「塩狩峠」の主人公・長野正雄の殉職事故についても表記され「長野と幸恵はどこかですれ違っているはず」と想像を膨らませた。

 森下氏はさらに、幸恵が優秀な成績で旭川区立女子職業学校に合格し、金田一京助にその才能を見出され上京。アイヌ民族の魂を伝えた金字塔「アイヌ神謡集」の完成に心血を注ぎ、原稿校正を完成させた1922年9月18日夜、心臓まひで急逝したその人生を、クリスチャンとしての信仰も織り交ぜながら紹介した。

 最後に森下氏は「三浦は先輩である幸恵を敬愛していた。ただ和人がアイヌ民族のことを書くことはいけないことと銘じていた。私は三浦が幸恵のことを書き残していれば、きっと分かりやすく素晴らしい幸恵論が生まれたに違いないと思っています」と締めくくった。

同じ女学校の先輩後輩である知里幸恵と三浦綾子の人生をひもといた森下氏

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス