北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

北海道和牛ブランド化へ 道内生産者が団体発足【札幌】

 北海道和牛のブランド構築に向け活動する初の生産者組織「北海道和牛ブランド懇話会」が29日、立ち上がった。2027年に道内で予定される和牛の品評会「全国和牛能力共進会」も念頭に、全道の生産者や流通関係者が一体となって、道産和牛の生産能力向上と国内外での消費拡大を目指す。

北海道和牛ブランド懇話会の設立総会

 北海道の黒毛和種の飼養頭数(22年2月時点)は約19万3900頭と、鹿児島県、宮城県に次いで全国3番目に多い。一方、他の都道府県と比べ生産地としての認知度が低く、ブランド確立に向けた取り組みが急がれていた。

 懇話会設立に向けては、21年9月に全道の生産者11人で構成する「世話人会」を組織。取り組みに賛同する生産者・関係者を募集するなど、設立の準備を進めてきた。

 この日、札幌市内で開かれた設立総会には、生産者など約20人が出席。23年度の事業計画として、会員となる生産者を130人まで拡大することや和牛ブランド先進地での調査、生産者を対象にした技術研修会などに取り組むことを決定した。

 ブランドの定義や使用条件などを議論し、24年度中にもブランド運営を開始したい考え。

 総会で会長に選出された佐呂間町の生産者、井上登さんは「北海道は世界で抜群の知名度がある。道内の和牛関係者にとって有意義な組織になるようブランド構築に向け努力する」と話した。

 総会で選出された十勝関係の役員は次の通り。(敬称略)

▽副会長=井村敏文(浦幌町)
▽監事=太田充英(帯広市)
▽役員=蛯原一(幕別町)小倉修二(帯広市)

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス