北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧の本田青果店 「朝市」から始まり半世紀超 31日に幕

苫小牧市港町の「海の駅ぷらっとみなと市場」で、前身の公設食品卸売センター時代を含めて長年営業してきた「本田青果店」が31日、閉店する。店主の本田勅子さん(81)は、昭和の中ごろまで苫小牧駅前にあった朝市で果物販売に携わり始め、それから60年余り。今では少なくなった朝市での商売を知る人物だ。「常連客から毎日のように、どうして閉めるのと言われるけど、健康なうちに辞めたかった」。最後は笑顔で幕を引くつもりだ。

ぷらっとみなと市場の店に訪れた客と会話を楽しむ本田さん(右)

 青果との関わりは18歳の時、朝市でリンゴなど果物を売っていた店主と結婚したのが始まり。戦後の食糧難の中で苫小牧駅付近で自然発生的にできた自由市場に由来する朝市は、1951年に誕生。70年ごろにかけて鮮魚や精肉、青果、菓子など100店ほどが軒を連ね、にぎわいを見せた。本田さんも子育てと店番をこなしたが、夫が亡くなり、経営を引き継ぐことに。苦労を重ねながら切り盛りした。その後、青果を運ぶ仕事をしていた故弘光さんと再婚し、2人で朝市の店を営んだ。

 しかし、駅前地区土地区画整理事業に伴い、朝市で商売ができなくなり、72年5月に開設された公設食品卸売センターへ朝市商業協同組合の組合員の多くが移転。本田さんは果物のほか、野菜も取り扱う「本田青果」を立ち上げ、卸売りで再出発した。弘光さんは青果の仲卸業を始めた。

 一般消費者に売る朝市時代と違い、商売の相手は企業や商店に。好景気のバブル経済の頃は、贈答用やゴルフ大会の賞品用などとしてフルーツ、野菜のセット商品が「飛ぶように売れた」と懐かしむ。その後、公設食品卸売センターは食品小売業へ業態転換し、2003年8月に「ぷらっとみなと市場」として再スタート。本田青果も一般市民や観光客らに旬の新鮮な果物や野菜を提供し、ファンを獲得していった。

 80歳を過ぎても夏は朝4時ごろ、冬は5時ごろから市公設地方卸売市場で青果物を仕入れ、店先に立ってきた。「ブドウ、メロン、スイカと毎月、旬のものが変わる。入れ替えの商品を並べて、お客さんと会話するのが本当に楽しかった」と振り返る。

 現在の施設で店を営んで半世紀。朝市時代の仲間は次々に店を畳み、他界した人も少なくない。本田青果の創業当初から付き合いがあった取引先の担当者も「3分の1くらいの人が亡くなったね」と時代の流れを感じている。最近は体力的にも「年齢を感じることも増えてきた」と言う。

 これまで、ほとんど休みなく働いてきた。ゆっくりと体を休められるのは年末年始だけ。定休の水曜日も地元保育園への野菜の配達をこなしてきた。「休みたいと思ってもお客さんが待ってる。何かにつけて大変で、誰もができる仕事じゃないよ」と誇らしげだ。

 これからは趣味のガーデニングを楽しむ。「長いような短いような、あっという間だった。お客さんには本当に支えられてきた」と感謝する。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス