北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

園児と会社員、春の別れ 西川尚寿君、2人に感謝の絵と手紙【室蘭】

朝のあいさつ交流1年半

1年半あいさつ交流を続けてきた西川尚寿君と栗林さん(右)、海老原さん(左)

 「いつも声かけありがとう」-。室蘭市内の幼稚園に通う園児が卒園式を2日後に控えた15日、1年半朝のあいさつ交流を続けてきた会社員にお礼の絵と手紙を手渡した。心がこもった園児からの贈り物に、2人は感激しきり。間近に迫った別れを惜しむとともに、新たな巣立ちにエールを送っている。

 園児は文化学園大学附属幼稚園に通う西川尚寿君(6)。いつも元気いっぱいで、大きく通る声が印象的な子。会社員は高砂町に本社を置く東陽ハウスの建築設計事務所長、栗林敦さん(53)と総務・経理部長の海老原尚人さん(48)。

 尚寿君は母親の友恵さん(40)と毎朝歩いて登園している。ルートはその日によって変わるが、たまたま同社の前を通ったとき2人と出会い、元気な声で「おはようございます」とあいさつ。そこから交流が始まった。

 人懐っこい尚寿君はすぐに打ち解け、逆に2人が朝の触れ合いを心待ちするように。コロナで2週間ほど会えなかったときは、落ち着かない日々が続いた。昨年10月にはラジコンをプレゼント。お返しにもらった絵は額に入れて事務所内に飾り、社員の和みになっているという。

 卒園式が迫り会えるのが最後となったこの日、尚寿君は感謝の手紙と絵を2人に贈った。手紙には「いままでありがとう」の言葉が書かれ、絵は虹の中に3人がいる図柄。

 思いがけない贈り物に2人は感激いっぱい。栗林さんは「大人から子どもに声をかけられない風潮の中、尚君との触れ合いはとても新鮮でした」とにっこり。海老原さんも「笑顔と気持ちのいいあいさつに、こちらが元気をもらっていました」と1年半の交流を懐かしむ。

 宮の森町の旭ケ丘小学校に入学する尚寿君の通学ルートは、これまでとは逆方向。栗林さんと海老原さんは春の別れを惜しむ一方、新たなスタートを切る新一年生の健やかな成長を心から願っている。

関連記事

苫小牧民報

登別・白老観光協 「るるぶ」特別版発行 絶景、グルメなど魅力満載

登別市・白老町観光連絡協議会(会長・小笠原春一登別市長)は20日までに、両市町の観光情報に特化した旅行情報誌「るるぶ」特別版を1万5000部発行した。作製は同誌を発行するJTBパブリッシングが担当...

苫小牧民報

ソロプチ苫小牧チャリティー寄席 三遊亭好楽さんら出演

女性による奉仕団体「国際ソロプチミスト苫小牧」(後藤裕子会長)主催の「承認45周年記念 チャリティー寄席」が20日、苫小牧市民会館で開かれた。約900人が来場し、長寿番組「笑点」でおなじみの三遊亭...

十勝毎日新聞

消防団の金子さん 初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」【新得】

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

十勝毎日新聞

求人サイト開設「人手不足解消に」 北海道圧接業協同組合【帯広】

 北海道圧接業協同組合(山田賢悟理事長、11社)は独自の求人サイト「ビジネスワークジョブ」https://basserbiz/indexを開設した。年会費3万円のみで登録でき、成功報酬は無料。山田理事長=SPH山田(帯...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港寄港へ 7月20~22日 一般公開予定【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が7月20~22日、訓練と広報活動を兼ねて、広尾町内の十勝港に寄港することが決まった。期間中、一般公開を予定している。広尾側は歓迎行事を計画、役場、商工会、自衛隊協力...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス