北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

キタサンショウウオ保護提言、九州大のうえまさんが釧路市に【釧路】

太陽光発電施設の設置制限やキタサンショウウオの保護について提言する上間さん

 九州大学共創学部の上間日那向さん(4年)が24日、ウェブ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で、釧路市におけるキタサンショウウオと太陽光発電の共生に関する研究発表を行った。釧路湿原での同発電施設の建設により、市の天然記念物「キタサンショウウオ」の生息地が狭められている問題で、市が取り組むべきことなどを提言した。

 キタサンショウウオは釧路湿原と上士幌町、国後島のみで生息が確認されており、環境省レッドリスト2020で絶滅危惧ⅠB類に指定されている。上間さんは水と人、生物が持続的に共生する社会の実現を目指す「水共生学」プロジェクトの一環で釧路を訪れた際に太陽光発電施設の問題を知り、研究を始めた。

 同学部の木附晃実氏、藤岡悠一郎氏、東京海洋大の若松美保子氏の准教授3人と共に、昨年7月と12月に各3日間、釧路で現地調査を行った。今回の発表には上間さんや木附准教授、釧路市立博物館の野本和宏学芸員と、NPO法人環境把握推進ネットワークの照井滋晴代表など計7人が参加した。

 上間さんは、同発電施設の設置を規制するガイドラインや条例について、釧路市と鶴居村、標茶町を比較。同市には具体的な制度がなく「キタサンショウウオ生息の可能性がある土地での工事などの許可申請は、事業者とのトラブルや届け出なしでの工事が発生しており、有効性が低い」と指摘した。各町村の規制制定の目的や行政態勢の違い、キタサンショウウオの認知度の低さにも触れ、同市がすべきこととして市役所と博物館との連携強化、同発電やキタサンショウウオなどについて学ぶ教育制度や土地返還制度の普及を提案。「最終的には条例やガイドラインの制定が必要」と結論付けた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス