北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧研究林が北大で木工品販売 風倒木や間伐材活用

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター北大苫小牧研究林は、苫小牧市高丘の研究林内で強風により倒れたり、食害で枯れたりした木々を活用した木工品の製作、販売を本格化させている。研究林や森の大切さを広く知ってもらいたい考えで、今月から北大構内の「北海道大学オリジナルショップ」(札幌市北区北8西5)で販売。一部商品は追加注文が入るほどの人気ぶりという。

北大苫小牧研究林が制作し、商品化した木工品やポストカードなど

 製作、販売しているのはペンダント、ミニストラップ、コースターの3種類。ストラップはシマエナガやハート形があり、コースターに印字する動物もリスやフクロウなど多彩だ。材料は林内の間伐材や風倒木、シカの食害で枯れたオンコやミズナラ、シラカバなどを使用している。

 材料の選定に当たっては研究機関らしく、風倒木であっても動物の住みかになっていないかを見極めるなど十分に配慮している。

 各商品には材料に用いた木の種類や研究林の紹介などの解説文を付け、「メイドイン、北大」というブランド名で売り出す。

 販売を担当する同研究林の高橋廣行林長補佐は「木のぬくもりを手に感じながら、研究林や自然に興味を持つきっかけになれば」と語る。

 木工品は、研究林職員が1点ずつ手作り。研究林の事務所で制作を担当する嘱託職員の杉山弘さん(62)は「デザインをデータ化し、レーザーで下絵を描けるようにするなど、職員が変わっても作れるよう工夫している」と説く。

 研究林内の記念館で昨年4月から月1回の開館日に販売する中で評判の良かったものを中心に商品化。研究林以外の施設での販売は「北海道大学オリジナルショップ」が初めてという。4日から扱っている。

 価格は500~1000円。ショップではこのほか、杉山さんら職員が林内で撮影したシカやリス、シマエナガなどの写真のポストカードや苫小牧演習林時代の風景を描いた特製日本手拭いも扱っている。手拭いは1986年に実習生や視察に訪れた人らに記念品として配っていたものを昨年復刻したという。

 高橋林長補佐は「シマエナガのストラップなど追加注文が入った商品もある。種類をさらに増やしていけたら」と述べた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス