北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

全体判断2期ぶり上方修正 10~12月道南経済【函館】

 函館財務事務所(五十嵐俊樹所長)は22日、昨年10~12月期の道南の経済動向をまとめた「道南経済レポート」を発表した。個人消費、観光では新型コロナウイルス禍からの回復傾向が続き、一部ではコロナの影響がみられるものの、持ち直しているとして2期ぶりに全体判断を上方修正した。

 個人消費、観光も2期ぶりに判断を引き上げた。個人消費は前年同期と比べ、コロナ対策の行動制限がなく、外出機会が増加したことから、主要大型小売店、食料品スーパーの売上高は共に前年を上回った。物価高や原材料価格高騰で、消費者の節約志向がみられる一方、スーパーでは中食需要が好調で「飲食店に比べ割安感があり、消費者の取り込みにつながっている」と五十嵐所長。乗用車販売は半導体不足や部品の供給制約が引き続きみられるものの、納車遅れは改善しつつあり、新車登録届出台数は前年同期比で6期ぶりにプラスに転じた。

 観光は「全国旅行支援」や市の「はこだて割」の効果で、函館圏への入込客数が前年同期比29・5%増と大幅に増え「コロナ前の85%まで回復している」とした。

 住宅建設では函館、北斗市の新設住宅着工戸数が同20・3%減で「物価高や住宅価格高騰で先行きが見通せず、全体的に様子見をしているのではないか」として4期ぶりに判断を下方修正した。

 生産活動では自動車、家電向けの需要減で電子部品が低調。珍味加工など食料品製造は観光客増加で土産物店、飲食店での需要が増えている一方、通信販売の需要が減少し全体としても低調であることから、10期ぶりに判断を引き下げた。

 また、今年8月末での閉店が発表された梁川町のテーオーデパートに関して五十嵐所長は、個別の企業へのコメントは差し控えるとした上で「コロナ禍の対面販売で来店客が減少し、大型小売店という業態は厳しい状況にあるのではないか」とみている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス