北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

会場全体がクジラ一色 親子連れなど多数来場 イベント「クジラってどんな生き物?」

いろんな展示物で、クジラ一色の会場

 鯨類を中心とした海洋資源の持続的利用に理解を深めてもらうイベント「クジラってどんな生き物?」が、市エコーセンターで開かれた。

 網走は古くから捕鯨のまちとして知られ、現在も小型捕鯨の基地として毎年、ミンククジラを水揚げしていることから、日本鯨類研究所と網走くじら協議会が、市内で初めて開いたもの。

 同センター展示室には、大人の背よりも高いクジラの風船が置かれ、子どもたちが近づいて「大きいー」「かわいい」と大喜び。クジラのパズルやクイズに挑戦していた。

 展示ケースには、クジラの骨やひげ、歯などを素材にした工芸品を展示。骨から作ったくしや帯留め、中にはひげの色や模様を生かした茶托と菓子皿などもあり、会場を訪れた市民が興味深そうに見入っていた。

 工芸室では、粘土で「鯨車」を作るワークショップが開かれた。  「鯨車」は高知の郷土玩具で、漁から帰る時に子どものみやげとして手作りしたのが始まりという。

 ワークショップでは、子どもたちが保護者の手を借りながら、鯨車を作った。粘土を練ってクジラの胴体やひれ、目を作り、ひげクジラの特徴となっている、口の下の縞模様「畝(うね)」をつまようじで付けたりと、みな真剣に取り組んでいた。

 出来上がった鯨車は手のひらサイズながら、どれも愛きょうたっぷり。子どもたちも、満足そうに出来上がりをながめ、自宅に持ち帰っていた。

鯨車づくりに挑戦する子ども

 このほか会場では、自分の描いたイラストがスクリーンの中で動き出す仕掛け、すべて押すとクジラのイラストが完成するスタンプラリーなども用意され、親子で楽しむ姿がみられた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス