北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

口承文芸や古式舞踊 平取 シシリムカアイヌ文化祭【平取】

古式舞踊を披露する平取アイヌ文化保存会の会員たち

【平取】沙流川(古名・シシリムカ)流域のアイヌ文化伝承活動を発表する第33回アイヌ文化伝承活動発表会「シシリムカアイヌ文化祭」が19日、町中央公民館で開かれ、200人の町民がアイヌ文化の口承文芸や古式舞踊などを楽しんだ。新型コロナウイルス感染症の影響で、通常開催は3年振りとなった。

 平取アイヌ協会(木村英彦会長)、平取アイヌ文化保存会(長野環会長)、平取町二風谷アイヌ語教室(川奈野一信運営委員長)主催。

 開会式で来賓の遠藤桂一町長は「日頃の学習の成果を楽しみにしている。コロナ禍も少し落ち着き出し道や国関係で出かけることが多くなって、二風谷のアイヌ文化が注目され高い評価を受けていることを感じる。アイヌ文化の振興継承の取り組みは他の地域のモデルとなることは間違いない。町としてもできるだけの支援をしていきたい」とあいさつ。

 アイヌ語教室子どもの部で学ぶ子どもたち12人による歌、早口言葉、アンナホーレ(鳥の舞)、エムシリムセ(剣の舞)などが披露。子どもたちのかわいい仕草に会場は盛り上がった。アイヌ語教室成人の部17人による口承文芸では「支笏湖の大蛇」、「大空に描いたコタン」、「ポンヤウンペの妻がかどわかされた」など11演目が披露された。アイヌ文化保存会18人はウポポ(座り歌)、クリムセ(弓の舞)、エムシリムセ(剣の舞)など6演目をテンポ良く披露した。事業報告としてアイヌ語教室所属の加藤優那さん、坂本美冬さん、河合智春さんの3人が1月8日~14日の日程でニュージーランドを視察し、言語教育や歴史について研修したことを報告した。

 特別口演では、アイヌ語弁論大会(イタカンロー)最優秀賞受賞者の原田啓介さん弁論部門「今の二風谷の話これからの二風谷の話」、岡本朋也さん同「東京オリンピックでアイヌ伝統舞踊を披露した事について」、飯塚潔子さん口承文芸部門「神の国での木の名前」で3人は流暢なアイヌ語で発表した。

 最後に、特別公演として(古式舞踊)招聘団体札幌大学ウレシパクラブの学生17人が、ムックリ(口琴)、フッタレチユイ(黒髪の踊り)、イオマンテリムセ(熊の霊送り儀式)など6演目を踊りフィナーレを飾った。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス