北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

一般会計247億円、最高更新 根室市新年度予算案【根室】

新年度予算案について説明する石垣市長

 子育て支援、陸上養殖に力

 【根室】石垣雅敏市長は21日、2023年度予算案を発表。一般会計は247億2800万円と前年度当初を大きく上回り、4年連続で過去最高を更新した。これは防災拠点となる市庁舎本体工事の本格化が主な要因。施策では18歳以下の医療費無償化など子育て支援に重きを置いたほか、陸上養殖への活用を期待して「海水井戸」の調査、医療・福祉現場の人材確保にも力を入れる。特別会計、企業会計を合わせた全会計合計も当初予算案初の大台となる406億円となった。(山本繁寿)

 一般会計は前年度を17・5%、36億8300万円増と、過去最高だった前年度を大幅に上回る編成となった。金額だけだと7年連続の増加。好調なふるさと応援寄付金を積み立てている13基金から、159事業(前年度比11事業減)に49億470万円(同6億4115万円増)を繰り入れた。それでも最終的な財源不足2億2000万円は、市の貯金に当たる財政調整基金で補塡(ほてん)した。21年度末の「貯金」残高は、同基金15億8200万円など3基金合計25億9300万円。

 予算案が大きく増えたのは、来年5月の大型連休明けに利用開始を目指している市庁舎の建設工事本格化に伴い、本体工事費に37億6608万円を投じるため。さらに厚床の障害者支援施設「すずらん学園」の園舎整備支援に6億5094万円、根室港区北地区船置場の整備に4億2585億円の3事業が主な要因。全会計の公共事業関係予算は72億1253万円で、前年度比53・4%(25億1126万円)の増。

 「子育てに優しい街づくり」を進める施策は「結婚新生活支援事業」に加えて、18歳までの「医療費無償化」「バス料金無償化」「JR通学用定期券購入費全額補助」、さらに0~2歳児までの「保育料半額補助」などを事業化した。

 これは従来からの出産支援金、新生児おむつ代支給、3~5歳児の保育料および小中学校給食費無償化など六つの支援策に加える事業で、石垣市長が新年度を「元年」と位置付ける移住施策のアピールポイントだ。石垣市長はこれらを踏まえ、2期目のスタートを飾る予算を「人が輝く未来に広がる予算」と表した。

 産業の根底を確立させたいと、基幹産業を支える施策では陸上養殖、海面養殖技術の確立、市内水産加工会社の生産機器導入支援などに取り組む。停滞する北方領土返還要求運動では、54年ぶりに市主催の「北方領土返還要求キャラバン隊」を編成する。北方領土対策課によると、市主 催のキャラバン隊は1967(昭和42)年から69年までの3年間実施していた。 また老人福祉センター、総合体育館の基本構想づくりにも着手する。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス