北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

鳥取小コミスク協とサトリーさん、国際交流や社会福祉で協定【釧路】

連携協定を交わした大越委員長とサトリーさん(右から)

  釧路市立鳥取小学校コミュニティスクール推進協議会(大越拓也委員長)と吉本興業(大阪府)所属で、釧路生まれのアーティスト、Satolyさん(サトリー、37)が2日、同校で連携協定を締結した。学校と地域住民らが力を合わせて学校の運営に取り組むコミュニティスクール推進協議会が、連携協定を結ぶのは釧路市では初めて。

 サトリーさんは看護師を経て、2013年から画家として活動。17年から日本国内をはじめ、欧州やアジアなど世界19カ国を訪問し、個展やワークショップを開いてきた。21年7月に大越委員長が代表を務める「釧路鳥取てらこや」を訪問し子供たちと触れ合い、22年2月にはサトリーさんの橋渡しで同校6年生が、ミャンマー在住の日本人お笑い芸人とのオンライン交流を通して国際理解を深める授業を行った。

 同協議会は、児童とサトリーさんの交流を高く評価。一連の活動を継続していくため、連携協定を締結した。福祉施設での子供たちとの絵画製作やアクセサリーづくりなどのワークショップを開いてきたサトリーさんの経験と幅広い人脈を生かし、児童が障害の有無にかかわらず、地域の中で支え合って生きる「ノーマライゼーション」や国際情勢への理解を深めるなどの取り組みを進める。

 この日は、同校会議室で大越委員長とサトリーさんが協定書に署名し固い握手を交わした。大越委員長は「さまざまな見識やネットワークがあるサトリーさんとの協定で、児童たちのためになり、楽しめる取り組みにつなげたい」と今後に期待。サトリーさんは「自分が力になれる海外の国と児童たちをつなげて交流させてあげたい。作品展に釧路と海外の子供たちが共同制作したアート作品を出品できたら面白い」との思いを語った。

 また、協定締結に先立ち、サトリーさんは同校6年生59人を対象に、これまで訪れた国のエピソードや、福祉施設での活動などを紹介する授業を行った。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス