北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

2月21日から参加ランナー募集 6月の函館マラソン、フル・ハーフ計8000人【函館】

函館マラソン2023大会に向けて話し合った実行委員会

 函館マラソン大会実行委(岡部寿一委員長)は24日、6月25日に開催する今年の大会のランナー募集を2月21日午前9時から行うと決めた。募集するのは3年ぶり。人数はフル、ハーフそれぞれ4000人。

 2023年第1回総会が函館市役所で開かれ、今年の大会の事業計画と収支予算の各案を承認した。

 3年ぶりの開催となった昨年大会は、新型コロナの影響で中止となった2020年のエントリーランナーに出走権を与えて実施。気温が30度近くまで上昇し、完走率が大幅に減少。酷暑リスク軽減を目的に、今大会から7月の第1日曜日をやめ、1週間早めて今年は6月25日に決定した。

 コロナ禍での対策に関しては、昨年同様とし、感染状況を鑑みて緩和される場合もあるとした。一方、酷暑対策については、委員から質問が相次いだ。事務局(函館市)は「コロナ禍でやめていた、かぶり水やシャワーの運用が可能かどうか、また、アイスバスや日陰テントの設置などを検討する」とした。

 物価高騰の影響で、参加費はこれまでより3割ほど引き上げ、フルが1万2000円、ハーフが6500円とし、各4000人(先着順)を見込む。今回から申し込み方法はフル、ハーフともにインターネット受け付けのみとした。宿泊あっせんも2月14日から特設サイトで行う予定。問い合わせは実行委事務局(0138・21・3576、平日午前9時~午後5時)。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス