北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

2月21日から参加ランナー募集 6月の函館マラソン、フル・ハーフ計8000人【函館】

函館マラソン2023大会に向けて話し合った実行委員会

 函館マラソン大会実行委(岡部寿一委員長)は24日、6月25日に開催する今年の大会のランナー募集を2月21日午前9時から行うと決めた。募集するのは3年ぶり。人数はフル、ハーフそれぞれ4000人。

 2023年第1回総会が函館市役所で開かれ、今年の大会の事業計画と収支予算の各案を承認した。

 3年ぶりの開催となった昨年大会は、新型コロナの影響で中止となった2020年のエントリーランナーに出走権を与えて実施。気温が30度近くまで上昇し、完走率が大幅に減少。酷暑リスク軽減を目的に、今大会から7月の第1日曜日をやめ、1週間早めて今年は6月25日に決定した。

 コロナ禍での対策に関しては、昨年同様とし、感染状況を鑑みて緩和される場合もあるとした。一方、酷暑対策については、委員から質問が相次いだ。事務局(函館市)は「コロナ禍でやめていた、かぶり水やシャワーの運用が可能かどうか、また、アイスバスや日陰テントの設置などを検討する」とした。

 物価高騰の影響で、参加費はこれまでより3割ほど引き上げ、フルが1万2000円、ハーフが6500円とし、各4000人(先着順)を見込む。今回から申し込み方法はフル、ハーフともにインターネット受け付けのみとした。宿泊あっせんも2月14日から特設サイトで行う予定。問い合わせは実行委事務局(0138・21・3576、平日午前9時~午後5時)。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...