北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

手荷物運搬スタート、登別駅で来月12日まで 春節に合わせ市とコンベンション協会【登別】

キャリーバッグを運搬するスタッフら=JR登別駅

 登別市と登別国際観光コンベンション協会は23日から、JR登別駅でのポーターサービスを開始した。駅ホームから改札までの区間、観光客の手荷物運搬を補助するサービスで3年ぶりの実施。2月12日までの間、登別ならではのおもてなしを展開する。

 中華圏の旧正月・春節に合わせた取り組み。2015年度に実証実験として行い、16年度から事業化。15年度は18日間で2540個、16年度は32日間で9787個、17年度は40日間で8933個、18年度は30日間で7057個、19年度は33日間で6198個の実績があった。20、21年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止していた。

 3年ぶりの実施となった今回は、札幌発の函館、室蘭行きの特急8本を対象に駅ホームと改札の間で手荷物を運ぶ。雇用対策として、登別勤労者企業組合と登別建設厚生企業組合に委託。各日8人ほどがスタッフとして活動する。

 初日は午前9時58分発の函館行き特急北斗6号からスタート。ビブスを着たスタッフら約10人が降りてきた観光客に声をかけ、跨(こ)線橋を渡った先にある改札まで荷物を運んだ。

 市観光経済部の森元俊明部長は「国の水際対策が緩和されてからは徐々に訪日客は増えてきている。これから、さっぽろ雪まつりが始まるので、その前後がピークになるのでは」と説明。「以前のように登別に多くの観光客が戻ってくるのを期待して、おもてなししていきたい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス