北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤丸さんは十勝の歴史 ナツカシ館にゆかりの骨董【帯広】

 帯広市内の私設博物館「昭和ナツカシ館」(西13南12)に、今月末で閉店する市内の百貨店・藤丸(西2南8、藤本長章社長)にまつわる貴重品が並んでいる。館長の参納弘義さん(83)は、菓子店を営む実家が藤丸の近所だったため、思い入れが強い。「藤丸さんを中心に付近の商店街が発展していった。星のように輝いていた帯広のシンボル」と往時を物語る品々に思いをはせている。

明治時代の感謝状や大正時代の鉄瓶、昭和初期発行の絵はがきなど藤丸の歴史を物語る品を置いている昭和ナツカシ館の参納館長

 参納さんは1940年生まれ。幼少時の実家の住所は西2南8で、戦後に西1南12へ移ったが「子どものころは毎日遊びに行っていた。当時は藤丸にしかエレベーターがなく、それに乗るのが楽しかった」と振り返る。

 同館には、参納さんが昭和時代を中心に収集した約4000点を展示。その他約2万点を収蔵している。

 1900(明治33)年創業の藤丸に関連する品は30点ほど。初代社長の藤本長蔵氏が皇太子の北海道行啓時の奉迎委員として、多額の寄付を行ったことへの感謝状は11(明治44)年のもの。周年などの節目に製造された、年代の異なる三つの鉄瓶は、最も古いものが大正時代とみられ、「藤丸呉服店 新築紀念」と刻印されている。

 33(昭和8)年に発行した絵はがき「風景の十勝」もある。帯広の街並みや十勝の景色などの写真が付いたはがきの8枚セットで、当時の価格の「金弐拾銭」や「帯廣町 藤丸百貨店」などが表記されている。2009年にリリースされた藤丸の応援歌「藤丸で逢いましょう」のCDもあり、店内で聞くことができる。

 「藤丸は十勝の歴史に非常に関わりが深い」と参納さん。閉店は迫るが、「藤丸の再建を目指す人たちに絶大な拍手を送りたい。閉店が『かわいそう』『残念』といった言葉はまだ必要ない。復活した時に市民の皆が頑張っていくべきだ」と新たな歴史を刻むことを期待している。

 同館は土・日・月・火曜、祝日営業。午前10時~午後6時。入館料は大人300円、中・高生200円、小学生100円。問い合わせは同館(0155・24・9070)へ。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...