北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

流氷の下も楽しめます オホーツク流氷館 20日リニューアルオープン

流氷の下に潜ったような感覚を楽しめる「流氷海中ライブ」

 【網走】四季を通じて流氷に触れ、学ぶことができる体験型学習観光施設「オホーツク流氷館」が20日、リニューアルオープンする。

 現在の天都山展望台・オホーツク流氷館は、網走観光を支えてきた「流氷館」の後継観光施設として、2015年8月に移転新築オープンした。

 網走沖で採取した本物の流氷を展示、体感できる施設として、国内外の観光客だけではなく、修学旅行生などの学習利用も多い。

 今回は地階部分の有料施設「流氷館」の展示施設を中心にリニューアルした。

 北大の低温科学研究所環オホーツク観測研究センターや東農大生物生産学部ら専門家の監修を受け、展示内容を一新した。

 入館すると、床に描かれた流氷の写真が、来館者を出迎える。まるで流氷の上に立っているようで、ここで記念写真を撮るだけで「映える」写真を撮ることができる。

 リニューアルの目玉は「流氷海中ライブ」。流氷に覆われたオホーツク海の写真を撮り続けている水中写真家・関勝則さんによる映像など、3つのプログラムを用意。海岸から見ただけでは分からない「流氷の下」を満喫できる。

 スクリーンには水槽が埋め込まれ〝流氷の天使〟クリオネをはじめオオカミウオの幼魚、愛くるしい風体が人気のナメダンゴなど、オホーツクを代表する生きた魚たちを見ることができる。

 流氷展示室「流氷体感テラス」は、より多くの流氷に囲まれてもらおうと、リニューアル前に比べて流氷のエリアを1・3倍にしている。

 16日には内覧会が行われ、見学した水谷市長は「今回のリニューアルは、流氷観光のみならず、温暖化防止にもフォーカスした。流氷の美しさをぜひ見てほしい」と、リニューアルした同館のコンテンツに太鼓判を押した。

 リニューアル当日の20日は午前10時からオープニングセレモニーを行った後、先着100人には、人気のソフトクリーム引換券やクリアファイルをプレゼントする。

 展望台からの大パノラマは、知床半島や網走湖、能取湖をはじめ、天気が良ければ雌阿寒岳や大雪山なども眺望できる。

 現在、空き店舗となっている2階のレストランは、春先にオホーツク管内のフレンチレストランが入居予定となっている。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス