北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧路応援隊ツイッター好評 1年半でフォロワー5500人【釧路】

 釧路市内の飲食店などを紹介する、ツイッターアカウント「釧路応援隊」が開設1年半で、フォロワー数5500人を突破、支持を集めている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で疲弊した飲食店を応援しようと始めた無料宣伝が、「新しい生活様式」の時代に移り、釧路の魅力の発信源となっている。(山本雅之)

 釧路応援隊は2019年6月に発足。釧路市在住で同アカウントの管理者を務める佐藤正道さん(31)が当時、コロナ禍で苦しむ釧路市内の飲食店のために「何かしたい」と考え、ツイッターでの無料店舗紹介に着手した。取材先は、佐藤さんの人脈と賛同者からの情報提供、口コミで決め、佐藤さんが店主の話を聞き、スマートフォンで撮影した内容を掲載する。

 ツイッターの140文字までという文字数制限を踏まえ、「簡潔でありながら読者に響く」文章づくりを実践。画像も店舗外観とメニュー2品の合計3枚で統一感を持たせ、見やすく工夫している。12月9日現在、フォロワー数は5500人超で、ツイートが表示された回数に当たるインプレッションも1カ月で30万~40万回に達した。掲載店舗数は飲食店のみならず、小売店や理美容室などにも広がり、162店を掲載している。

 札幌市出身の佐藤さんは3年前に来釧。自然の豊かさと人情の厚さ、夕日の美しさにひかれて、釧路のファンになったという。団体職員として働きながら不定期で情報を追加し、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対策下でも地道に活動を続けた。「人の歩いていない時期に訪問した際、多くの店主に感謝された。読者から想像以上の反響もあり、やってよかったと思っている」。

 年が明けるとコロナ禍4年目に入る。コロナとの共生を目指す社会が進展しているが「困っている店舗を支えるという方針は変わらない」。ただ、人の往来が増えていることから「地元の人はもちろん、釧路管内、根室管内、さらに全道、全国の人が来釧するきっかけになればうれしい。フォロワー数1万人を意識していきたい」と話し、拡散を希望している。問い合わせは釧路応援隊(@kushiro_ouen)へ。

幣舞橋の夕日と花時計が目印の「釧路応援隊」のツイッターアカウント

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス