北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

治水100年フォーラム 釧路川の役割再認識【釧路】

釧路川の歴史について解説する岡部氏

 釧路川流域の5市町村でつくる釧路川治水促進期成会(会長・蝦名大也釧路市長)と釧路開発建設部、釧路総合振興局は17日、釧路川治水100年フォーラムを釧路市観光国際交流センターで開いた。北海道河川財団会長で、釧路開建部長や北海道開発局長などを歴任した岡部和憲氏が「釧路の開拓・発展と釧路川」と題して講演。参加者らは、釧路川の果たしてきた役割や重要性を再認識した。

 釧路川の治水事業は1920年の大洪水を契機に21年に着工し、2021年に100年の節目を迎えた。同フォーラムは当初、今年2月11日に予定していたが新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期した。会場参加とオンライン配信を併用。約200人が来場し、オンラインで55人が参加した。

 フォーラムは2部構成。第1部では釧路開建釧路河川事務所の菅野法之所長が、1972年の洪水を受けて行った弟子屈市街築堤の整備や、釧路湿原の自然再生事業などの事業を映像で紹介した。第2部では岡部氏の講演と標茶高校地域環境系列所属の3年生による研究発表が行われた。

 講演で岡部氏は、釧路開発の創始者で、アトサヌプリからの硫黄の採掘を出願した4代目佐野孫右衛門や現釧路市中心部の開墾に着手した中戸川平太郎など釧路川にゆかりのある人物や、治水工事の歴史を紹介。「米町は、孫右衛門の屋号の米屋にちなんで呼ばれるようになった」など小話も披露した。

 釧路川の恵みといえる、東北海道の食について「世界を視野に価値を発揮しうる」。観光についても「阿寒・摩周エリアや釧路湿原など特徴的な自然景観や生態系が存在する」と潜在能力の高さを示した。さらに、文学や芸術など釧路の文化についても評価した上で、釧路の未来について「地域の価値を高める物流などを担うインフラの充実、活用や、強みを生かして課題を解決していく人材や企業の発掘・育成・支援が極めて重要」と説いた。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス